読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

京都たび、三十三間堂から嵐山まで

京都 日記

花見のシーズンになる前に、京都に行ってきました。

花見の時はもう混み混みになるのでね。

 

今回は、三十三間堂に行き、嵐山に行きました。

 

京阪電車七条駅で下車。

知らなかったけど、京橋から七条間ノンストップの「洛楽」、すごく便利です!

普段は阪急で京都に行くことが多いけど、京阪もなかなかいいなと思いました。

 

七条は、

京都国立博物館もあるし、神社も点在しているけど、河原町や嵐山、清水寺とかいわゆる人気スポットとは、ちょっと外れていることもあってか、割と空いている・・・穴場かも、です。

 

まず、”清水一芳園”というお茶屋さんで、スィーツを頂きました。

この日は、朝ごはんも食べず、混む前にとにかく抹茶パフェを食べようと決めていました。

並んでまで食べるのはしんどいので。

 

 ↓ ”ちょっと清水パフェ” 580円(税抜き)

f:id:darumazen:20170313140124j:plain

 ↓ ”清水パフェ” 1,100円(税抜き)

f:id:darumazen:20170313140311j:plain

 ↓ ”プレミアム抹茶ロール霞的 620円(税抜き)

f:id:darumazen:20170313140320j:plain

**写真撮るの下手だね・・・

 

お茶が濃くて美味しい!、とても食べ応えありました。

私は小さいほうのパフェにしたのですが、これでも結構お腹いっぱいでしたよ。パフェの上にのっている抹茶のビスキュイが美味しかった!

ここは、マグロ丼とかカレーもランチでやっていましたよ。次はそれを食べたいです。

 

お腹が落ち着いたので、メインの三十三間堂へ・・・

 

三十三間堂とは、

1164年、後白河上皇のために平清盛が法住寺殿内に創建した。鎌倉時代に再建された本堂内には千手観音座像を中心に、左右ずらりと千手観音像が立ち並ぶ。

 

堂内は撮影禁止のため、写真は無いですが、金色の千手観音が立ち並ぶお姿は圧巻です!!これは絶対に見ておいたほうがいい。見る価値ありです。拝観料大人600円です(備忘録のため)

 

全長118メートルの本堂は、木造建築でも類を見ないほどの長さを誇っています。

f:id:darumazen:20170313142757j:plain

 

養源院にある、俵屋宗達の、”杉戸絵”というものを見たかったのですが、暑かったのと場所が分かりにくかったので(多分すごく近いのだろうけど方向音痴なのでたどり着けない)諦めました。次回に行きます。

 

さて、

七条駅に戻り、京阪で祇園四条駅まで行き、そこから歩いて、嵐電嵐山本線四条大宮駅へ。20分は歩いたかな、暑くて暑くて・・・

嵐電は大好きな電車。路面電車で古くて趣がある。いかにも京都って感じがする。この線は、太秦とか北野天満宮とか、一駅一駅に見所があるので、一日乗車券とか買ってゆっくり周るのもいいかも。

 

ようやく、嵐山。

 

やっぱり、渡月橋を見たら、テンション上がる。京都に来た~って感じ。

f:id:darumazen:20170313143938j:plain

この日は、割と空いている感じ。

混んではいるけど、ぎゅうぎゅうではない。

そして、相変わらず外人だらけだった。

 

娘は、お目当ての柴犬グッズのお店でストラップを買ってご満悦でした。

 

私は、辻利の”抹茶ラテ”と、”抹茶ラングドシャ”を買いました。

どれだけ抹茶好きなんだ。

 

娘は小食なので、食べ歩きをほとんどしない。

お腹があまり空かないので「これ食べる?」と聞いても、「いらない」ばっかり・・結局、お昼前に、パフェ食べてから何も食べずに帰って来ました。

 

まあ、お金使わないからいいんだけどね。

 

京都って何回行っても、いいわあ。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓ 

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

探偵ナイトスクープ、花が恐い

テレビバラエティ

人には、苦手な物や、恐いものが、それぞれあると思う。

高所とか、閉所とか、恐怖症もまた人それぞれ。

 

でも、

今回の依頼者は、”花”  が恐いのだという。

 

今まで生きて来て、花が恐怖の対象になったことは、無いなあ……

 

とにかく、花が恐い。

特に、トイレに飾ってある花が駄目なんだと。

だから、外でトイレに入るときは、花が飾ってあるトイレには入れないから、困るのだそう。

 

何か、小さい時のトラウマの影響?とか思ったけど、

精神科の先生は、それは病気では無い、と断言されていた。

 

そういえば、

以前の依頼でも、

”ボタン”  が恐い人、ていうのもあったなあ。

(洋服に付いているボタンね)

これは他にも何人か居たからね、やはり人それぞれ、いろいろあるね。

 

で、

今回は、

野菜を花に見立ててカットしてもらい、それを食べたり、徐々に慣れていくことで、平気になっていった。

 

あんなに恐がってた割に、すんなりと解決した。

 

 

それだったら、私も高所や閉所を治してほしいわあ。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

  

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

「ずぼらヨガ」は自分に合っている

自律神経 漫画 書評 呼吸法

 最近、朝と夜にストレッチを続けている。

 

以前から簡単なストレッチとか、腹筋とか、ヨガとか、ちょこっとしていた。

でも、自己流で何年やってもからだに変化が無いこで、これでいいのか、と悩んでいた。

毎日の前かがみでのパソコン打ちにより、猫背とストレートネックに背中の曲がり具合が、マジで老婆のようになってきていて、これはほんとにヤバイんじゃないかと焦っていた。

金スマでもやっていた『ベタ~~ッと開脚』を始めてから、ずいぶんからだの柔軟性が良くなってきたけど。

 

で、何かないかと探していたときに出会いました。

 

「ずぼらヨガ」 崎田ミナ著

 

ヨガ、というとハードルが高いような気がしていた。

やりたいやりたいとは常々思っているけど、習いに行くことを躊躇してしまうの・・・

何かおしゃな人ばっかり来てるイメージ、もしくは、からだの柔らかい人ばっかり来ているイメージ。

私のように、異常にからだの硬い人には向いてないんじゃないか、という思い込み。

 

なので、本とか買って、自分でやってみようとはするけど、ポーズが難しかったり、出来なかったりで、続かない。

 

でも、この本は、初心者向けで分かりやすい。

ストレッチとヨガって似ている気がする。

ていうか、結局同じ、なんじゃないか?

 

イラストにより、ポーズとかストレッチの仕方が分かりやすい。

自律神経のしくみも解説してあるし、こころとからだはつながっていることが分かる。

 

何より、作者が自分と似ている部分があって、共感できるところがいっぱいあったのがよかったのです。

 

 

不安で何も手につかないこと、あります。

なんだかしんどくてしんどくて、ずっと寝ていたいってとき、あります。

 

そんな時、 寝ながら出来るストレッチをしたり、 ちょっと起き上がって、ちょっとだけからだを動かしてみる。

そんなちょっとした動きから、どんどん動けるようになる。

 

そんな、きっかけになる気がする、本です。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

べっぴんさん、栄輔さんの悲しい顔は見たくない

テレビドラマ

やっぱり、エイスの倒産。

 

エイスのモデルって「VAN」の石津謙介だそうで。

名前はうっすらと聞いたことある。

「VAN」のブランドのお店はまだあるから、復活したのでしょうか・・・

 

 

玉井に裏切られ、何もかも失った栄輔さん。

 

一時、行方不明になってたけど、大阪で潔さんと偶然会って、野上家に連れ帰ってもらったって。

なんちゅう都合のいい偶然。

 

 

で、

スミレ夫婦も駆けつけて、久しぶりの昔の4人の再会に、闇市時代を懐かしむ潔とゆり。

 

だけど、栄輔にしたら、好きだった人(スミレ)にこんな惨めな姿を見られたくないだろうに。

 

なんでまたスミレまで呼んだのか、ましてや紀夫さんまで・・・

 

 

栄輔さんに悲しい顔は似合わない(でも哀愁を帯びた顔もいい!)

 

ここからまた復活するのでしょうか。

 

最終回までに栄輔さんが幸せになるように祈ってます。

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

ごちそうさん、畑は世の中と似ている

テレビドラマ

戦争が終わった・・・

 

何も無くなった大阪に戻ってきため以子。

 

とにかくここで皆が帰ってくるのを待ちたかった。

 

でも、疎開先からもらってきた、野菜や種芋を、全部盗まれてしまった。

和枝さんや、希子ちゃんに疎開先へ戻れと言われても動かないめ以子。

強いなあ。

 

芋を安く買って、油で揚げて、塩で味付けした”うまいもん”。

 

これをきっかけに商売を始める。

 

源ちゃんやうますけさんも戻ってきて、賑やかになってきた。

 

 

そして、泰助の帰還。

 

涙を流しながら、泰助を抱きしめるめ以子。

 

ああ良かった・・・

 

活男の戦死を聞かされた泰助。

その夜、

 

泰助「お母さん・・・

 

め以子「なんや、寝付けんかったん?

 

泰助「僕が行った後、あそこでどないしてたん?

 

め以子「どうしてた、て、畑やっとったよ。・・・・・あのなあ、活っちゃんの戦死公報がきたんや。紙一枚のことやさかい、ほんまかどうか分からん思うで。

 

泰助「うん・・・

 

め以子「それからは、ひとりで畑して、ひとりでご飯食べてた・・・畑てなあ、世の中なんよ。普通に手入れしてるつもりでも、なんで~~?てことが起こるんよ。お母ちゃんの世話なんか、”おおきいとこ”では、関係無いんや。無力やなあ~~って・・・どないしたら、こんな風にならんかったんやろか、そんなことばっかり考えてた

 

泰助「答えは出たん?どないしたら、良かったかって

 

め以子「笑われても、怖あても、言わなあかんことは、言わなあかん。おかしい思たら、言わなあかん。これは、無力な大人の責任や。偉い人はそれを言わせなあかん

 

 

 

普通に生活していても、避けられないことがある。

 

思いがけずに降りかかる災難もある。

 

人間はそういう時、無力なんだなあ。

 

でも、そこからが大事なんだろう。

 

『言わなあかんことは、言わなあかん』

め以子の強さに憧れるなあ・・・

最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

 

べっぴんさん、歴史は繰り返されるのだ

テレビドラマ

先週から今週にかけての、時間の流れの早さについていけてません・・・

 

さくらと健ちゃんの就職、そして結婚、跡継ぎ問題。

全部、何事もなくクリアして、無事に結婚した二人。

そして、妊娠、そして出産・・・

 

早っ!

 

健ちゃんの仕事っぷりも、とにかく早さが勝負、時代より早く早く。

 

 

そして、嫁と姑問題に突入。

 

もともと、スミレと同居の時点でおかしいし。

どうして新居を構えなかったのか・・・

なぜに、いつまでも親と住まないといけないのか。

 

お金はあるんだし←そこ最重要。

 

 

君枝ちゃんとスミレの家の中間に住めばいいん違う?

お互い平等に。

 

 

でも、君枝ちゃんも、姑(石野陽子)には泣かされたほうだよね、同居してたんだし。

 

やっぱり、あの法則は正しいのか。

やられたらやり返す、の法則。

 

姑にいじめられたり厳しくされた嫁は、自分が姑になった時、嫁をいじめる、の法則。

そして歴史は続いていく・・・(あくまでも私の思う法則です)

 

 

それにしても、スミレの他人事感に驚くわ。

孫が出来ても(しかも自分の娘の子供だよ!)それほど興味ない感じに見えるし、娘夫婦が姑のことで揉めていても、苦笑いで済ます・・・

『なんか、君枝ちゃん、琴子(石野陽子)さんに似てきたわ』で終わり・・・

なんか、なんかなあ・・・

 

いつの時代も、息子夫婦に干渉したがる姑は、変わらないのですね。

そして、姑に何も言えない息子も。

 

 

他人の孫の映像見せられるほど苦痛なものはない・・・

 

 

そしてオイルショック

その中でもキアリスメンバーは我関せずなのでした。

 

高度経済成長の終焉と共に、エイスもやばいのかなあ。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

 

にほんブログ村 
にほんブログ村

にほんブログ村

TOKIOカケル、先輩ジャニーズから可愛がられる得な人

テレビバラエティ

ゲストは、亀梨和也さん。

 

なんだか久しぶりにテレビで観た気がする。

 

やはり映画の番宣であった。

 

この人を、”ごくせん”で初めて観た時、インパクトあったなあ。

それまでのジャニーズのイメージを変えた、というか、ジャニースらしくないビジュアルだったから。

 

若い頃はもっと痩せていて、トガッていた気がする。

そこがまた良かったんだろう。

 

ごくせんの後の、”野ブタ。をプロデュース”の、修二と彰で大ブレイク。

青春アミーゴ」だったけ。

 

あの当時、みんなあの歌と踊りを踊ったもんだ。

 

 

そんな、亀梨くん。

話しを聞いていると、なぜか先輩に可愛がられるそうで。

マッチや、キムタクの、大物ジャニーズといわている先輩とご飯行ったり、遊びに行ったり、と。

 

なんでだろうね・・・

 

この人は、そんなに明るいように見えないし(失礼)、積極的に先輩と絡んでいくタイプでも無さそうだし、甘えていくタイプでも無いでしょう。

 

なのに、向こうから自然と声をかけてくれて可愛がられる。

 

何か魅力があるんだろうか。

 

不思議な人だなあ。

 

また、そこが人気者となる所以なのかもね。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村