すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

ノイローゼになったマンションの話 始まりは①

『えっ、なに、この音・・・・?』

 

始まりは突然だった。

 

新居のマンションは11階。以前のマンションは1階で陽当たりが悪く、雨の日は湿気臭くて、晴れの日でも日照時間が短く、洗濯物が乾かなくて苦労したんだった。

このマンションに決めた理由の一つに、陽当たりがいい、ということは当然であった。

 

 

ひとりで荷解きをしていた午後2時。11階からの景色をたまにベランダからのぞいたりして。高層階に住むのは初めてでは無いけれど、まだこの景色を見飽きていないからこそ、向こうに見える山や、建物、マンションなどが物珍しく、ちょっとウキウキしていた。

 

引越してから4日経っていた。まだまだ段ボールだらけの部屋、リビングでテレビを聴きながら出した荷物を広げてあっちやこっちやと忙しく片付けていた。

 

ふと、

テレビの音に混ざって何か聞こえた・・・

「んっ?何の音?」

 

ちゃんと聞こうとして、音が鳴ったような気がしたベランダ方向に耳を向けた。でも、もう音は消えていた。

あれっ、なんだったのかな、外の工事の音かな。

 

マンションの向かいは一軒家が並んでいる住宅街。その向こうに広大な空き地があった。買った当初はどこかの会社の土地だと聞いていた。私達が住み始める直前から、その土地で工事が始まっていた。4階建の社屋を建てるようだ。

 

何も、引越ししてすぐ工事しなくてもさあ、と旦那と愚痴をこぼしていた。離れてはいたけれど、工事の音は意外に響いてくる。まあ一日中テレビを付けている我が家にはほとんど気にならない音だった。

 

また荷物を片付け始めていた。

1時間くらい経っただろうか。またさっきと同じ音が聞こえたのだ。

 

2回目とあって、今度は音をはっきりとらえることができた。

 

聞いたことのない音のような、何かに似ているような、例えようのない音。何か金属を叩いて響いているようにも聞こえる。

 

でも、耳をこらそうとすると、もう音は消えていった。

 

なんなの〜〜?

 

でも、分からない。

気になりながらも、また片付けを始め出した。

 

また1時間くらい経った頃、

さっきの音が聞こえたのだ。

 

え、え、え、

いったい何の音?

 

30秒くらいで消える音。

どこから聞こえるのか、どこで鳴っているのか、何の音なのか。

 

この日は、3回ほど音が鳴った。

 

いったいなんなのか。わからない。

 

これが、地獄の始まりになろうとは、この時は思いもしなかった。でも、なにか、分からない小さな不安のようなものが広がっていく気がしたのは確かだ。

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。 ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓


にほんブログ村


にほんブログ村

楽しいこと思い出した

ぼんやりしていたら1日が終わっている、そんな毎日をおくっている。資格の勉強もやるにはやるが、昼からの異常な眠気に勝てず、机に突っ伏して寝てたり。こういう時、家にいられる幸せを感じる。まあ薬のせいもあるのかも、と言い訳させてくれ。

 

今日は、隣の駅にある図書館まで歩いてみた。いつもは自転車でさ〜〜っと行ってしまうので大した運動にはなってない。買い物行くみたいにたらたら歩きはやめて、早歩きで行ってみた。30分かかりました。

体力無いので、図書館に着いた頃にはもうヘロヘロでした。ハアハアいって図書館に入っていったから恥ずかしかった。

 

平日の図書館は空いている。

 

だいたい、最初に雑誌類をひと通り見る。普段買うにはあれだけど、読みたいやつ。「婦人公論」は必ずチェックする。読みたいやつを何冊か持って空いている長椅子に座って読む、読む、読む。

 

図書館のいいところは、ほとんどみんな一人で来ているところだ。

 

本が読みたい人、勉強したい人、時間つぶしにきてる人、みんないろいろ事情はあるだろうが、みんな自分のことに集中していて、静かで居心地がいい。

 

以前、市がやっているスポーツセンターに行ったことがある(前書いたかな?)。平日の午前中に行ったのだが、あまりにも人が多くてビックリした。まあある程度年寄りばかりだろうと思ってはいたけど、想像以上に老人の巣窟だった。しかも近所の常連さんばかりで、みな知り合い。〇〇さんこっち〜〜、とか、久しぶり〜〜、とか、もう帰るの?とか、声掛け合ったりして。何よりジムの機械を占領されて使えない。なんだか居心地が悪くて早々に帰ったんだった。

 

みんなが知り合いの中での孤独って、

ほんと自分だけ見えてない人になったような気になるね。

 

まあそんなことはいい。

 

今回は、「森田療法」の本が読みたくて。一冊だけあったので借りてみました。またブログに書いてみます。

 

お昼をまわってしまったので、またヘロヘロになりながら、早歩きで帰りました。

 

運動と趣味を兼ねて図書館。いいかもなあ。

 

"楽しいこと"をずっと探していたけど、小さい頃からの"楽しいこと"を忘れていました。

なんで、本を読むこと、を忘れていたのだろう。

資格の勉強のせいもあって、今は本を読んでいる場合じゃない、なんて、

どうして自分に"好きなもの"を禁止していたのか。

 

ひとり時間を過ごせる最高なものなのに。

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。 ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓


にほんブログ村


にほんブログ村

 

おんな40にして・・・惑う?

先日、結婚してからパートで働いていた会社の後輩とランチしてきました。

 

働いていたその頃、わたしは毎日疲労困憊で、結局パニック発作を発症してしまって。何回か復帰したけどやはりダメで、旦那の転勤もあって、辞めました。

そこは少人数で、居心地がよくて、待遇も良かったんだよね。その頃の人生設計では、55歳まで働いてローン完済してそこからゆっくりするぞ〜〜‼️なんて考えていたんだった。

こんな早くにリタイアして一日中ゆっくりする(しすぎる)時間が出来るとは、人生計画どおりにはいかないもんですな。 

 

今でもたまに夢に見ます。

『今日からまたお世話になりま〜す!』ってその職場で働く夢を。戻りたいんですかね。

 

で、その後輩のこと。

 

年賀状ではやりとりしていて、毎年「今年こそは会おうね」とおきまりコメント。でも、私はほんとに会いたかったのよ。

彼女とは正味2年ちょっとくらいのつきあい。めちゃくちゃ気の合う関係ではなかったけど、それでも、あの頃の怒涛の日々を一緒に過ごしたヒト。独身の彼女に子育てや姑の愚痴聞いてもらったり(今考えたら迷惑な話だ)。

 

わたしより5つほど年下の彼女は、わたしが辞めた後一年ほどで転職して、いまは別の会社で働いている。職種が同じなので、前の会社の上司とか繋がりがあったりで、私も同じ職種を渡り歩いてきたので、共通の話題は多い。

彼女はいまだ独身だ。

 

駅で待ち合わせ。なにせ会うのは10何年ぶり。

 

お互い、(老けたから)顔分かるかな〜〜とかメールで言い合ってた。

 

時間ちょうどに彼女が現れた。お元気でしたか〜〜⁉︎って、あの頃のように、優しくおだやかに。変わってない、変わってない。いい歳の取り方してる。綺麗になったんじゃない?

いろいろ思ったら泣けてきて、周りに人居るのに、久しぶりだね〜‼️ってやんややんやとその場でちょい泣き、でした。

 

お互いの10何年の近況報告は、なかなか終わらない。

彼女も、仕事のストレスでいろいろ病気になったり、災難で怪我したり、オンナも長く勤めていると辞めたい波がくるようで、今がそのピークみたい。

このままこの会社で、何のキャリアアップも無く定年までいくのか、それとも、最後の転職のチャンスとして、他の職種を探すか。

長く働いていくってことは、ほんとに大変なことだ。

 

わたしが、この10何年のあいだに、3回引っ越して、子供は保育園児から大学生になり、

いろんな仕事に手を出してはやめ、

病気も一進一退。

そんな落ち着かない年月の間に、

彼女はずっと同じ場所で働いていたわけで、自分の居場所もある。趣味で習い事もやってたり。

 

ちょっとまぶしく感じたわけです。

 

最近、彼女は、

重い腰をあげ、"結婚"という道も探してみようと動き出したとか。

このままではいけない、と漠然と思いながら、でもいざそういう方向へ向かおうとすると、いろいろ先のことを考えすぎて、「面倒くさい」が頭をよぎる。

 

分かるよ、分かるよ。

 

わたしも、このままでいいわけないよな、とか思うのに、いざ外に出ようか働こうか、と動こうとするも、ああメンドくさ、となっちゃうからね。まあ今は病気を言い訳にしているわけですが。

 

彼女に良い出会いを。

私にも良い出会いを。

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。 ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓


にほんブログ村 


にほんブログ村

今期のドラマをちょっと

今期のドラマ、飛び抜けて面白いものは無いけど、途中離脱するものは少なく、意外に観ているものが多い。

 

 

「未解決の女」

www.tv-asahi.co.jp

これ、最初は観るつもりなかったけど、いちおう録画して、1回目だけちょっとみてみるか、と観てみたらなかなか面白かった。

刑事ものに出る波瑠はいつもクールで冷静沈着なイメージの役が多かったから、どうもこのドラマの波瑠の、自分のことを『自分は!』て言う男勝り・熱血漢な役に違和感あったけれど。でも、柔道をしても、ドスのきいた声で喋っても、やっぱ可愛く見えてしまうのが、波瑠だ。

 

毎回ゲストの俳優さんがなかなか豪華というか、意外というか。

 

初め誰だか分からなかった初老の教授役の吉田栄作とか、よおく見て気づいた少年隊のカッちゃんとか・・・歳取ったなあ。

鈴木京香も綺麗だけど、よる年並みには勝てんわな。長谷川博己と結婚する(した)のかな。

 

「シグナル」も面白い。過去と現在を行ったり来たりで、最初ややこしくてね。なぜ過去の大山刑事(北村一輝)と無線で繋がるのか。そして、事件のヒントを話したことによって未来が変わってしまう、という、タイムパラドックスのようなことが起きる。

割にテンポよく話が進むし、次の事件へと繋がっていくところも面白い。結局、最近裏の悪役えらいさんの刑事役ばっかりの渡部篤郎が黒幕か。

 

でもやっぱり一番好きなのは、

「あなたには帰る家がある」だろうな。

あんなに憎たらしかった茄子田の旦那が可哀想に思えたり、木村多江の執念とか。玉木宏のマンションに向かう真弓を見つけて、先回りして走る姿に狂気を感じたわ。合鍵持ってたんだ。

優しすぎて情けない玉木宏がいいんだよね。あの怯えた目が笑える。

ここからは、大人四人の話し合い?どうすんだ。でも真弓たちはもう離婚してるんだしさ。

金曜日の楽しみです。

 

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。 ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓


にほんブログ村


にほんブログ村

 

極上の孤独とは、上から目線の孤独ですね

前にも書いたかもですが、

わたくし、ある資格を取るために勉強しておりまして。まあ体調悪化の原因の一つに、その勉強のプレッシャーもあったりで。

自分のことを完全主義だなんて思ったこと無かったけど、仕事も家事も勉強も、やらなきゃいけない!と考えて(考えただけで)何もせず疲れてしまう、のは間違った"完全主義"なんだろう。←違うか

 

大好きだった読書も、

『今はそんなことしてるバアイじゃないでしょ』と、自戒して控えていた。テレビは観てるくせにね・・・(;ω;)

本屋でも、読みたい新刊があっても立ち読み、速読、結末だけチラ見という最悪の読み方をしていたり。

 

でも最近、好きなことして何が悪い、と思うようになった。

 

で、ボチボチとまた本を読んでいる。

 

本屋でもよくみる「極上の孤独」下重暁子著。『孤独ほど贅沢で愉快なものない』

 

想像していた内容とは少し違っていた。

 

ネットの感想では、

『東京の一等地に住み、裕福で、別荘があり、伴侶がいて仕事を持っている、こういう人に孤独を語ってほしくない』みたいなことを書いている人がいた。

 

ナットク・・・

 

 

「アナウンサー時代も、わたしはほかの女子アナとはつるまず、常に孤高でいて、書くことが好きだったことが認められて、徐々に作家の仕事をするようになっていった。」

 

なんだか、常に"上から"なんだよね。

 

独りでいることを楽しめる人には憧れがある。

 

なにかしたいことがあって、(ひとりで)勢いで始めるけど、いざ始めてみたら、"やりたいこと"に集中するよりも、周りが気になって、話しかけず話しかけられずで友達が出来ず、ひとりで行ってひとりで帰る、ということに耐えきれず、結局、辞める、ということを繰り返してきた。

 

だから、この著者の言いたいことは分かる。孤独に強い人、楽しめる人になりなさい、と。

 

わたしの理想は、みんなでも楽しめる、独りでも楽しめる、なんだ。

 

みんないつかは独りになる。まあ夫婦ならどっちが先か・・ってことか。

 

 

今から独りになる練習してどうなるのか。いつかは独りになるんだし、しぬのは絶対に独りきりなんだから。

 

極上の孤独、って、

 

カツカツのサラリーマン家庭で、精神的に弱くて人嫌いの専業主婦のワタシ、とはあまりにも違いすぎて、

全然説得力が無かった、だけなんだ。

 

さんざん悪く言っちゃったけど、

いい本には違いない。人によります←最近こればっかり。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。 ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓


にほんブログ村


にほんブログ村

 

さんまの金言とは・・・

ブログから離れれば離れるほど何を書いていいか分からなくなってきた。

書きたいことは山ほどあって、心の中ではいつも文章を組み立ててるのに、いざ書こう、と思う気持ちになかなかならない。ほんと継続するって難しい。

 

 

このあいだ、明石家さんまと女芸人が一泊の旅をする、というバラエティをやっていた。こういう番組割と好き。女芸人の人間関係をさりげに観察出来るし。なんだかんだ言ってもオンナ同士集まれば、いろいろあるんじゃないの?

 

最近さんまって仕事の幅を広げたように思う。前はロケとかあんまりしなかったよね。「ホンマでっか!?」でも遠足はしてたけどさ。

 

 

神社に参拝する場面で、

幹事の森三中の黒沢さんが、さんまに聞く。

 

 

「さんまさんって初詣とか厄払いとか行かないんですか?」

 

さんまはそれに答える。

「初詣も厄払いも行ったことない」


黒沢「え〜〜!嫌なこととか起きないんですか?」


さんま「起きてるよ、いっぱい」


黒沢「それでも厄払いしないんですか?」

 


さんま「だから、お前らに前から言うてるように、嫌なまま、ダメなまま、過ごす方が楽しいて考えろ。

嫌なこと楽しいと思ったら、もうあと、何があっても平気やねん」

 

 

さんまって、

普段から明るくて人見知りしないし誰とでもどこに行っても、変わらず常に"自分"でいられる人のイメージ。

この人から、「嫌なことがいっぱい起きてる」ことが想像出来ない。て、言うとひんしゅく買うか。誰でも人に言えない悩みはあるもんだ。

 

 

『嫌なことを楽しいと思う』

 

思えるかな〜〜〜(;ω;)

 

そういえば、

パニック障害の完治って、

「発作が起きない」ことではなくて、

「発作が起きても大丈夫」と思えることだそう。←あくまで人によりますが。

この、「大丈夫と思える」が不安を取り除く。予期不安てやつね。

 

この世に怖いこと恐れてることいっぱいあるけど、何があっても平気だ、怖くない、そしてそれこそを楽しめるようになれたら、もう人生無敵かも。

 

それは精神的に強い人、では無くて

 

何があっても受け入れられる人、なんだろう。

 

弱い自分、情けない自分、惨めな自分、ひっくるめて自分は自分のままでいい、と思えたらねえ。

 

でも、結局一番自分を愛せるのってやっぱり自分だけじゃない?

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。 ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓


にほんブログ村


にほんブログ村

 

何もする気がしない

だるい、です。

 

食欲もなく、食べられないから余計しんどいのかも。

 

やらなきゃいけないことがあるのに、そのプレッシャーでやる気にならない、という訳の分からない負の連鎖。

 

耳鳴りもしだして、もうすべてがイヤになってます。

 

書きたいこといっぱいあるのだけど。

 

マンションの購入までの経緯と、住み始めてからの問題。これは長編になりそうです。乞うご期待・・・

 

浮上しなきゃ。

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。 ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓


にほんブログ村


にほんブログ村