読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

「君の名は」を観てきました水曜日

ユニクロのCMで、宮崎あおい生瀬勝久の関係が気になる・・・恋人?友人?

久しぶり~とか言ってるから夫婦ではないよね、まあどうでもいいんだけど。

 

 

で、本題です。

 

映画「君の名は」

物語の舞台となっている実際の町が、聖地となっていて、若い子達がこぞって訪れている、というのをテレビで紹介されていて、

もう何回も観ているという若者たちを見て、

絶対に観よう、いや観なければ!と、

水曜日レディースデイに合わせて、ひとり映画鑑賞、行ってきました。

この先は、ネタバレとなるため、これから観ようとしている人は決して読まないで下さいね~~。

 観終わった後、

ます、ホッとしました。

みんな無事だったんだ~~、三葉や家族友達、全員助かったんだな、と。

 

と、同時に、

なんだか、

なんだか、

違う違う、妙な感覚におそわれたりして・・・

 

途中、物語の本質が分かってきて、

これは、もしかして、三葉ちゃんたちはもうこの世に居ないのでは・・・いや、絶対に居ないんだな、と

そんな気持ちで、ドキドキしながら、

でももしかしてもしかして、

助かったのか・・・いやどうかな、

やっぱり過去は変えられないのじゃないのか・・・とか

考えていて、

こんなせつない物語無いよ~~、

惹かれあう二人が、

一度も会うことなく

しかも、お互いの存在も名前も顔かたちも全部忘れてしまうなんて・・・

あああ、せつないよお・・・

と、涙したりして。

 

だからこそ、

ラストのハッピーエンドは、

ほんとに、嬉しくて、ああ良かったなあと思ったんだけど、

思ったはずなんだけど、

 

 

でも、

なんだろう、しっくりきてない自分がいる。

ラストは、せつないままでも良かったんじゃないのか、と・・・

 

だからこその、青春というか、

初恋がはかないからこそ、美しいのではないのか、

命がはかないからこそ、今を大切に生きるのではないのか、

 

(そんな変なセンチメンタルおばさんのつぶやき。

聞き流してください・・・)

 

ラストはあれでいいのです。(だって皆が幸せになっている)

 

もう一回じっくり観たいと思える作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする