読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

エレベーターは閉所だった

自分のこと テレビバラエティ

ワイドナショー

東京では日曜日の朝に放送されてるんですね、私の地域では夜中に放送しています、なので録画して観ています。

このあいだのゲスト、長嶋一茂さん。

話題は、「エレベーターでやられたら嫌なこと」だった。他の皆は、「上に上がるエレベーターに乗ってきたおじさんが、下に行くと思って1階のボタンを押しまくる」とか「自分が降りた瞬間に(閉)のボタンを押しまくられる」とかそれぞれわいわいと話していた。

一茂さんに話題を振ると、「僕はエレベーターに乗らないから」と。

なぜですか?と不思議に思う周囲に対して、一茂さんは言う。

「僕は閉所恐怖症があるからエレベーターに乗れないんです」

そういえばこの人、パニック障害だったな。

「特に初めて乗るエレベーターは無理。よく知っているエレベーターはまあ乗れるけど。一番駄目なのは、高層ビルのエレベーター。高所恐怖症もあるから、40階くらいあるビルのエレベーターは絶対に無理です」と。

その気持ちすごく分かる。

私も、閉所恐怖症も高所恐怖症もある。

私の場合は、逃げられない場所とかが苦手かな。

例えば、美容室とか映画館、子供の懇談会とかも苦手(違う意味でも苦手だけど)自由に出入り出来る環境にあればいいんだけど、扉がバタンと閉められたりすると、とたんに心臓がドキドキしてきたり・・・

これは経験した人でないと分からない感覚でしょう。

 

 

一茂さんはエレベーターに乗らず階段を使うらしいです。

苦手から回避する術を使う、そんな風に苦手意識をなくしていきたい。

 

 

広告を非表示にする