読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

シェフ~三ツ星の給食~での天海祐希、どストライクはまり役

もうシチューのCM始まったね・・・

 

「シェフ~三ツ星の給食~」天海祐希の得意分野なドラマが始まりましたね。

前回の「偽装の夫婦」がめちゃくちゃ良かったから(何回泣いたか)、今回も期待大です。

 

何せいまや飛ぶ鳥を落とす勢いの遠藤憲一も出てるし、面白くないわけ無いですよね。

 

ストーリーは、三ツ星レストランの天才シェフ星野光子が、店のオーナーとトラブルを起こしお店を解雇。

オーナーの妨害などにより再就職先のレストランを見つけられない光子。

テレビ番組の企画で学校給食を作ることになり・・・

 

 

 

 

しかし、天海祐希て料理作る絵が似合わんねえ。

刑事とか弁護士とかのイメージが強いからなのか、でも前回の図書館司書は似合ってたけど。

 

面白いドラマは主役もストーリーも大事だけど何より脇役の役者さん達が上手いかどうかにかかっている気がする。

今回は間違いなく面白いと思う。

荒川良々さん初め給食調理師補助の面々、テレビプロデューサー役の友近、小学校の校長先生とか、なんか面白くなりそうな予感。

 

ストーリーはまあありがちな設定ではある、でも、天海祐希なんだよなあ、やっぱり。

作った給食を子供達からマズいと言われ、レストランのオーナーや同僚達からも裏切られ、落ち込み、しおらしい言葉を言いそう・・・・

 

だったけど・・・・、

 

スッと顔を上げて、

上から目線の言葉を吐く。

 

そして最後の「わたしの料理はいつだって、最高に美味しいのよ!!」というセリフ。

 

決まりました、天海節。

 

観ていて爽快なドラマでした。

 

次回からも楽しみです。