読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

カインとアベルは寂しげな目の山田涼介に期待

「カインとアベル」観ました!

 

 

ネタバレありです、注意!

 

 

 

 

カインとアベルって旧約聖書に出てくるお話しですよね。調べてみました。

 

 

カインとアベルは、旧約聖書創世記』第4章に登場する兄弟のこと。アダムとイヴの息子たちで兄がカインקַיִן)、弟がアベル(הֶבֶל)である。人類最初の殺人の加害者・被害者とされている。

「創世記」の記述

カインとアベルは、アダムとイヴがエデンの園を追われた(失楽園)後に生まれた兄弟である。また、この二人の弟にセトがいる。カインは長じて農耕を行い、アベルは羊を放牧するようになった。

ある日2人は各々の収穫物をヤハウェに捧げる。カインは収穫物を、アベルは肥えた羊の初子を捧げたが、ヤハウェアベルの供物に目を留めカインの供物は無視した。嫉妬にかられたカインはその後、野原にアベルを誘い殺害する。その後、ヤハウェアベルの行方を問われたカインは「知りません。私は弟の監視者なのですか?」と答えた。これが人間のついた最初のとしている。しかし、大地に流されたアベルの血はヤハウェに向かって彼の死を訴えた。カインはこの罪により、エデンの東にあるノド(נוֹד、「流離い」の意)の地に追放されたという。この時ヤハウェは、もはやカインが耕作を行っても作物は収穫出来なくなる事を伝えた。また、追放された土地の者たちに殺されることを恐れたカインに対し、ヤハウェは彼を殺す者には七倍の復讐があることを伝え、カインには誰にも殺されないための刻印をしたという。  **Wikipediaより抜粋

 

 

なるほど・・・これを読むと、おのずとこのドラマのストーリーも分かってきそう。

 

大会社の御曹司で父から溺愛されている兄を桐谷健太、その弟を山田涼介が演じる。

旧約聖書からいくと兄と弟の役割が逆になってるけど、この先、逆転があるのでしょうか。

 

高嶋政伸っていつから嫌な役やるようになったんだろ、「HOTEL」(古っ)とか熱血感性格いい役ばっかだったのにな。

 

初回だったので、人物紹介と各々の置かれた立場や心情などいわゆる説明回だったので、これから!という感じのストーリー展開。面白かったけど。

 

とてもお坊ちゃん育ちには見えない駆け出しホストのような山田君が心配だけど、彼には、綺麗な顔立ちに似合わず若干のコンプレックスを感じる。

その彼のコンプレックスが、あの容姿でいて、屈折した普通の青年も演じられるのではないか・・・と思う。

Hey!Say!JUMP!の山田涼介がドラマでチラチラとちらついてはいけないのだ(分かるか山P)

私は普通ぅ~~の人を普通に演じられる人が好きです。

だって特異な人物を演じるのは結構たやすい気がしませんか。

だからニノも好き。

 

 

 

脱線しました。

 

この先、倉科カナがキーマンになりそう。

多分兄妹で取り合うのか、おそらく父親の愛情も取り合いになりそう。

今は兄に向いている父の愛情(でも内心はそうでも無いかも)が今後どうなるか。

 

これ観ていてつくづく「愛情」の反対は「無関心」なんだなと思ったわ。無視されることが無関心でいられることが人間にとって一番キツイかも。

 

 

父の姉役の南果歩、これ絡んでくるね、絶対。

 

ここのとこ面白くなかった月9が楽しみになりそうです。