すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

運命に似た恋原田知世は理想の女性

「運命に似た恋」面白くなってきた。

 

www.nhk.or.jp

 

 

 

北川悦吏子脚本なんだ、どーりで。

 

原田知世目的で観はじめた。

 

この年代で、この人ほど白シャツが似合う女性いないだろう。

 

いつまでも綺麗で清楚だわ。

走る姿に年齢を感じるけど、それはお互い様なのだ。

時をかける少女を裏声で歌っていた少女は、すっかり大人の女になったのだ。

 

 

でもこんなに綺麗で聡明な人なのに、男を見る目なかったんだね。ドラマの話ね。

 

若い女を作って出て行った旦那に、勝手に自分のキャッシュカードを持ち出されてお金を引き出されても、全然怒らないカスミ。

 

その通帳が、息子の大学資金用にとコツコツ貯めていたお金なんだよ!

もう私だったら切れて切れて暴れるね。

 

「お金、何に使ったの?」

 

と旦那にぬる~~~い質問するカスミに、こりゃあ駄目だとあきれた。

 

あげく、おそらく旦那の借金の一部を払ってあげたのだろう、自分はクリーニング店とビル掃除のバイトを掛け持ち、そしてやっぱり過労で倒れてしまう・・・

という、自業自得、旦那じゃなくてカスミのほうだよ。

 

 

なんだかんだで、運命の人、かも知れない斉藤工と結ばれる・・・

 

んだけど、どうもこの先、裏がありそうだ。

 

 

やっぱ斉藤工ってキムタクの声に似てるよね。

 

 

 

 

広告を非表示にする