すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

カインとアベル違和感だらけの昨日

 なんだか兄弟逆転してきた。

 

もともと人当たりのいい弟と、真面目だけど堅物の兄。

何もかも優秀だと思っていた兄の弱点があらわになってきた。

お父さんの愛情を独り占めしたかったんだろうか。

出来の悪いと思われている弟が、実は自分より能力があることに、周りが気付いてきたことに焦る兄。

 

この先もっと逆転劇があるのだろう。

 

でも、兄弟格差っていっても、父(高嶋政伸)は、それほど弟のことをないがしろにはしていない気がする。

愛情は感じるけど。

もっと兄弟の差別化があれば、弟よ頑張れと感情移入できるんだけど・・・

 

 

<本日の違和感>

 

大塚寧々の着物の色。

 

詐欺師にしか見えない竹中直人

 

寺尾聡。

 

広告を非表示にする