読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

逃げ恥うわあどんどん惹かれあうふたり、なのにラストの残念

ネタバレあります

 

ほんとにこの二人のすることが、いちいち可愛いんだよな。

 

朝ごはんからかつおでちゃんと一番だしを取るみくりちゃんとか、ぎこちないハグとか、遅れた誕生日プレゼントをいそいそと買いに行く平匡さんとか、二度目のキスのタイミングを調べる平匡さんとか・・・挙げればきりが無いわ。

 

キスの理由をメールでやりとりしている二人。

壁一枚隔てただけの同じ家で、その距離は遠いのかな。

 

同じ月を見ている幸せそうな二人、いいなあ。

 

「今日はちゃんと先に寝てください」平匡さん旋風に崩れるみくり。

ザ・ベストテンのパロディも良い。

ちょいちょいパロディはさんでくるけど、嫌みじゃなく面白い。

 

ベランダで「いってらっしゃい」のみくりちゃんにみとれて、車にひかれそうになる平匡さん、これは101回目のプロポーズだね。

 

もうお互いの感情が溢れる寸前。

 

 

なのに、なのに。

 

どうして平匡さん、最後の勇気を出さなかったのお!!??

 

あ~~あ。みくりちゃん実家に帰っちゃったよお、どうする。