読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

眠れない夜におすすめの禅

日記 呼吸法 自律神経 座禅

体調が日々変化しております。

仕事も忙しくなってくると、根つめてひたすら入力の日々、肩もこりますわね。

出来るときは毎日、片鼻呼吸法と瞑想をするのですが、座禅をする時に、座っていると、肩と首が痛くて張ってそれが辛い。

どうしたもんじゃろ、と思っていたら、「仰臥禅(ぎょうがぜん)」というのを発見。

寝た姿のまま行う座禅のこと。

場所は布団やベッドの中などどこでもいい。

仰向けに寝て両手を丹田の上に重ね、腹式呼吸をしながら30分ほど行う。

とにかくやり方は自由なのです。

 

自分がリラックスして気持ちよく行える状態で、気持ちよく頭の中をゆるませて複式呼吸をする。

 

 

臨済宗の僧・白隠禅師は「禅病」にかかりました。今で言う神経症とかそんなものではないでしょうか。病を克服するために仙人から伝え聞いて行った方法の一つが「仰臥禅」らしいです。

 

 

寝る時に「仰臥禅」をすると、必ず10分も経たずして寝てしまいます。

まあ、毎回というわけではないけど、寝られないときにやると、かえって呼吸を意識しすぎてよけい目が冴えるという悪循環になるときもあるけど・・・

 

そういう時は、自律訓練を始めます。

自律訓練法もまた後日書きたいと思います。

 

とにかく不調の時はゆっくり休むとき。

リラックスして自分を甘やかせてあげる。

 

いつも何かしていないといけない、という強迫観念がある自分ですが(気持ちだけ焦っていつも何もしないけど)休んでいいんだよ、と自分に優しく。

 

 

広告を非表示にする