すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

料理嫌いな私にぴったりのやり方

更年期のせいなのか、最近か~~~っと熱くなる・・・いわゆるホットフラッシュっていうやつか。やはり自律神経の乱れのせいだ。体温調節がうまくいかないのか、ホルモンのせいか。養命酒飲んでみようかな。

 

 

掃除や片付けは好きだけど、料理が嫌いなんだ。

独身の頃はお菓子作りにはまり、休みの日はお菓子ばっかり作って、母や姉を太らせた過去があるけど。

いざ結婚して子供が出来たのに、一切手作りお菓子を作っていない。誕生日ケーキのスポンジくらいは焼くけどさ。

 

あ~~あ、夕方の憂鬱は料理のせいでもあるのだ。

 

そんななまけの私にも、ちょっとした光明のような本を見つけました。

 

「食品の保存」という本。

 

料理レシピ本大賞の2016年料理部門準大賞になったそうな。

 

あらゆる食品の保存方法が載っている。

野菜・果物・肉・魚。加工品やうどん・パン。

いわゆるレシピ本とは違うけど、これはかなり使えます。

 

私は基本、週末に一週間分の食材を買い込みます(買える範囲ですが)

 

なので、野菜なんかは結構傷んだり腐らせたりするのです、ずぼらなもんで。

仕事が忙しくなると、夕食がかなり手抜きになるので、食材も残る残る。

なのでこの本を見ながら、きちんと保存をしてやると、買ったばかりの状態を保てます(ん?というのもあるけど)

 

あと、買ってきた野菜を全部きざみます(つまり、下ごしらえをしておく)

そして、冷凍したり冷蔵したりしておくと、後でまじで楽です。

これを始めてから料理がちょっとだけ苦痛じゃなくなりました。

大根もたまねぎもにんじんもごぼうも油揚げもとにかくなんでもきざんできざんで冷凍します。

 

これで具沢山の味噌汁が楽に作れます。

 

基本夕食は、汁物とおかず2品。

 

具沢山味噌汁と、メインおかず、副菜一品。

これで終了。

ご飯は玄米を食べているので、まあ栄養的にはぎりぎりオッケーでしょうか。

 

前はおかずを三品作らなきゃとか、野菜いっぱい食べさせなきゃとか、へんに自分にプレッシャーを作って、それでかえって料理嫌いになっていました。

 

どうせやるなら楽しく(なるべくね)

 

 

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ 

広告を非表示にする