すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

砂の塔弓子さんの本当の真意は・・・?

ネタバレあります、ご注意を。

 

 

 

一気に二話分観た、かなり重たい内容になってきた。

 

先週の話で、弓子(松島菜々子)さんのあまりにも身勝手な考えにムカツイていたけど、最後、和樹くんを助けた場面では、やはり血を分けた息子を思う母親の強い気持ちがあったのかと心打たれた・・・

いじめっ子達への報復はスッキリしたあ。

 

でも、やはり弓子さんがどうして幼い和樹を置いてまで、突然出て行かなくてはいけなかったのか、その部分がこの物語の核心ではないかな。

 

それにしても、突然居なくなって、いまさら現れて、「私が母親です」もないだろう。

弓子さんは、菅野美穂に対してだけでなく、いろんな母親に対して、「完璧な母親ならこんな風にはならなかったのに」みたいなことを言う。

 

完璧な母親って、なんだろう。

 

子供に惜しみなく愛情を注ぎ、子供のことを常に想い、子供の心を瞬時に読み取り悩みや悲しみにも同じように苦しみ対処していく、とかそんな感じ?弓子さんの言う完璧って。

 

そんな親いるかな。

ましてや子供の悩みや悲しみ・苦しみを100パーセント理解出来る親なんてどこに居るのだろう。

 

親でなくても、子でなくても、人の気持ちなんて所詮分からないのである。

 

本当の本音なんて分からないのである。

 

分からないからこそ、分かろうとする、理解しようと心を寄せる。

そこに愛情が生まれるのではないのかな。

 

最初から分かり合える関係なんて無いよ。

弓子さんは、菅野美穂に、「和樹の何を見ていたの、あなたは何も見えていない」みたいなことを言った。

自分は和樹くんのことをずっと見ていた、離れていてもずっと見守っていたと。

 

 

でも、近くにいるからこそ見えないこともあるのではないかな・・・

 

毎日見ていると子供の成長も気付かないこと、あるよね。

背が伸びた、とか。

 

でも愛情は一緒に居る時間って大事だからね。

一緒に時間を共有してきた事実は、強いと思う。

 

だから菅野美穂は最後には和樹くんを取り戻すと思う。

 

どうも弓子さんの真意が分からない、これは菅野美穂と和樹くんに本当の母親の愛情に気付いてもらうために、わざと悪者になっているのではないかな、と希望的観測。

 

あと、血だらけのバスルームの謎と、ハーメルン事件の犯人。

 

離婚を迷うココリコ田中のもとに駆けつけた、母の烏丸せつこの愛情に泣いたわ。やはりお母さんだったんだなと。 

 

 

広告を非表示にする