読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

NHKBSドラマ女の中にいる他人ドキドキが止まらなかったわけ

NHK BSプレミアムで、日曜日 夜10時から始まったドラマ(全7回)。

 

原作は外国の小説で、エドワード・アタイヤの「細い線」だそうです。

原作のあらすじを読んでしまうと、ドラマの結末が分かってしまうので(原作に忠実かどうか分かりませんが)、あえて読まず、ドラマを楽しもうと思います。

1966年にも映画化されているようです。

 

 

『ある日、夫に「不倫」と「殺人」を告白された平凡な主婦・百合子。家族を守るために百合子は、次第に別の顔を持った女へと変貌していく・・・。』

というのがあらすじ。

 

瀬戸朝香が久しぶりの蓮ドラなのかな、その瀬戸朝香演じる百合子が、あまりにも優等生すぎる妻・母・嫁なのが、リアリティを感じなかった、どうしてもイノッチがチラつくし

 

旦那(尾美としのり)の帰りが遅くても夕飯を置いて待ってるし(早く寝ろ)、同居の姑にもとっても優しいし(これはいいか)、子供達にもいつも笑顔で穏やか(うん)。

あ、でも息子の頭痛を病院で検査していた件はこのドラマのストーリーとは絡んでこないのでしょうか・・・

 

 

唯一、リアリティを感じたのは、尾美さんでした。

(最近尾美さん、旦那役が板についてきた、たくさんの人の旦那になってるよね、しかもちょっと癖のある)

 

自分の意図していないところで大変な事件を起こし、でも周囲には黙っている、もちろん家族にも黙って、普段通りの生活を続ける・・・

これはキツいだろうね、まじでこんな恐いことない。

 

相手(被害者)が近しい人間だったから、周りはいろいろ言うし、それに対して自分の緊張が増していく・・・

 

観ていて、尾美としのりがどんどん追い詰められている様が、心臓に悪かった。

 

まるで自分が尾美さんとリンクしているかのように、ドキドキが止まらなかった。

 

それにしても、尾美としのりの裏切りは許せん。

しかも自分の親友の妻でしょ~、家族ぐるみで付き合ってたし、どういう神経してるのか。

しかもそれをころしてしまうんだから(まあ故意なんだけど)。

 

 

板谷由夏の役どころもなかなかの悪よのう。

過去の因縁から百合子を憎んでいるんだけど、尾美としのりの弱みを見つけて、じわじわと追い込んでいくやり方にゾッとした。

 

あ~~あ、コートの襟立てて歩くからばれちゃったじゃない!

 

 

とうとう耐え切れなくなって、妻に全部話してしまった尾美さん。

良心の呵責から、ではなくて、自分が苦しいから。

 

警察に行こうとした尾美さんを止めた百合子。

 

『あなたは何もしていない・・・』

 

おそらくここから物語が始まっていくのでしょう。

どんな風に百合子が変貌していくのか、楽しみです。

 

お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村