読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

恐ろしいドラマです、お母さん、娘をやめていいですか?

テレビドラマ

恐ろしいドラマを観た。

 

 

「お母さん、娘をやめていいですか?」

 

ストーリー

 

娘、早瀬美月(波瑠)25歳。母、早瀬顕子(斉藤由貴)50歳。美月の中学受験や大学受験、就職の時もいつも二人三脚で頑張ってきた。
美月は完璧な母のサポートで順調に育ち、今は女子高の英語教師となり、母であり一番の親友である顕子を全面的に信頼していた。
二人はまるで恋人同士のように仲の良い母娘だった。この母娘の密着を父、浩司(寺脇康文)は気にかけていたものの、仕事一筋で二人の関係に踏み込むことができないでいた。そんなとき、新築中の早瀬家を担当するハウスメーカーの松島(柳楽優弥)が、不思議な人懐っこさで二人と親しくなる。顕子は彼を気に入り、美月とつきあうように背中を押すが、美月は松島と会うことで、自分が無意識に母親の顔色を見て生きてきたことを自覚していく。顕子は娘が次第に変わり、自分から離れて行くことに動揺し、自分の一番大切なものを奪われたくない、と次第に心の奥の危険なスイッチが入っていく。そして、ついに松島を誘惑してしまう―

 

 

あああ、恐ろしい・・・

 

何が怖いって、これは自分自身にも身に覚えのある内容だったから。

 

私と母、の関係ではなくて、私と娘、の関係。

 

まさに、自分も顕子(斉藤由貴)と似たようなことをして娘を育ててきたように思う。

 

怖い、怖すぎる。

 

 

 

「お母さんの言うとおりにすれば間違いないの。」

「みっちゃんのことは、お母さんが一番分かっているんだから。」

斉藤由貴のセリフに泣いてしまった・・・

 

これはやっちゃいけないことだったんだ。

これは言ってはいけないことだったんだ。

 

母親って、どうしても自分の子供は自分のものだと勘違いしてしまう(私だけか?)

自分の産んだ子なんだから、自分が一番分かっている、自分が一番この子の幸せを願っている。

だからつい何でも口出ししてしまう。

自分の思うとおりに娘を変えようとしてしまう。

 

 

美月(波瑠)も、いい子すぎたのだろう。

母親を喜ばせたくて、

母親を悲しませたくなくて、

母親をガッカリさせたくなくて、

自分が母親の言うとおりしていれば、母は喜ぶんだ、と小さい頃にインプットされたのだろう。

 

でも、松島(柳楽優弥)に言われることで、初めて反抗期を迎えたのだろう。

ようやく母親からの自立。

 

 

 

 

顕子も「みっちゃんのため」というのは、結局「自分のため」なんだろう。

そして、顕子も、自分の母親と上手くいっていない。

母親に「お前はダメだ」といつもいつも、言われて育ってきた人なんだ。

自分は、母親の「理想の娘」にはなれなかった。

このことが、いつも自分のコンプレックスを作っているのだろう。

 

 

 

家の中に、いくつもリアルなお人形があるのが怖かった。

 

顕子が、松島さん(柳楽優弥)に、「娘のことは本気なんでしょうね」とすごむときの斉藤由貴が怖かった。

 

友達に、結婚してからも一緒に住んでもらうつもりなの、と話すときの斉藤由貴も怖かった。

 

笑っているのに斉藤由貴が怖い~~~。

 

どんどん変わっていく娘を失いたくなくて、暴走していく母親(斉藤由貴)。

 

そして、父(寺脇康文)。

リストラ要員なのだろう、毎日チラシの郵送。

今から、マイホームを建てるってのに、どうなるんだ・・・

 

崩壊していくのだろうか。

 

怖くて、でも楽しみなドラマ。

 

お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

 

 

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村