読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

新しい出会いが怖くなった、去年のある出来事

つぶやき 日記 自分のこと

もう2月だ、明日は節分。

お正月だなんだとバタバタしていた頃がずいぶん昔のようだ。

 

確か、今年の目標の一つに、「年賀状を出せる友人を作る」というのをあげたと思う。

 

仕事やインフルで(あ、娘は元気になり今日から学校に行っております)、何も行動を起こすことなく、1月が終わった。

 

 

でも、あくまで「自分のやりたいこと」が優先で、そのオマケに、友達がついてくる、というスタンスでいこうと思っている。

 

無理に友達を作ろうとしたら、ロクなことがないのだ。

 

去年、短期の習い事をした。

それももちろんやりたかったことの一つだった。

でも友達も作りたい、という下心もあった。

 

全部で20人ほどの人が来ていた、全員女性、年齢は30代から上は70代もいたかも。

二人一組で実習したりする講座だったので、隣の人と自然に喋るようになった。

帰りも駅まで一緒に帰った。

彼女は、私より二つ年上で、二人のお子さんがいた。

わたし的には、楽しく会話できていたし、この講座が終わったら、ランチでも誘おうと思っていた。

 

が、彼女の方はそうは思っていなかったのだ。

 

講座の最終日、

帰り道、もう会うこともないだろうから、メルアドを聞いた、

ら、

携帯を忘れた、という彼女。

 

この時点で気付くべきだったのかな、鈍いな私。

 

私は、

「あ、そうなの?残念!メルアド聞きたかったのに」と、言ったら、彼女の方から、携帯番号を教えてくれた。

彼女の方から、だよ(今思えば何故?)。

 

なので、

家に帰り、さっそく、その番号にショートメールを送った。

自分のメルアドを書いて、

「今日はお疲れ様〜〜」みたいなさりげない内容で。

 

が、

 

待てど暮らせど、彼女から返信は来なかったのだ。

 

 

 

が〜〜〜〜〜〜ん‼️

 

 

 

(もう一年経つけど、まだ待ってたりする泣)

 

これは、キツかった。

こんな拒絶のされ方は初めてだったから、

ちょっと凹んだ。

 

返信する気無いなら、どうして携帯番号を教えたりしたのか。←カモフラージュ?

どうして最終日、携帯忘れたの?←ウソか。

帰り道、楽しく話していたと思っていたのは、私だけだったのか。←独りよがり?

 

なんだか、嫌なそぶりが彼女から一切感じられなかった分、余計落ち込んだ。

自分には、自分でも気付かない不快な思いを他人にさせているのだろうか、とか。

友達が出来ないのは、そのせいか、とか。

 

なんだか、もっと人が怖くなって、新しい出会いが恐怖になったもんだ。

 

そんなことがあったから、

何かをはじめるにしても、

友達を無理に作ろうとするのをやめた。

まず、目的を達成する、やりたいことに気持ちを向ける。

その後に、いい出会いがあったらいいなあ、という感じ。

 

何事も自然体でいこう。

 

お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

 

  

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村