読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

土ドラ真昼の悪魔は火の粉を引きずっている

この枠のドラマはたまに面白いのをやる。

前にやってた「火の粉」も東海テレビの制作だったな。

あのユースケがめちゃ怖かった、いい人すぎて怖いって、どうしようもない・・・

 

 

「真昼の悪魔」

 

原作は、遠藤周作らしい。

そういえば、遠藤周作って読んだことないかも・・・

 

 

目立たぬほこりのように忍び込んだ「悪魔」に憑かれた、残酷で美しい女医を田中麗奈が演じる。

 

冒頭の田中麗奈のアップの顔が、怖いです。

こんな顔だっけか、と思わせるほど。

この人元々怖いよね(ファンの人すいません)。

 

牧師役に伊武雅刀、ときたら、火の粉を思い出す。

この人も一癖のある悪い奴やらせたら天下一品です。

 

とにかくノッケから、田中麗奈の悪魔じみた行動が出てくる。

 

でもこれ完全に狙ってきているね。

 

とにかく行き過ぎた悪ふざけなコトが好きな、悪趣味の女医という印象だった。

 

まあ手のひらに針をブッ刺すとかマジでヤバいけどさあ。

 

入院してきた小説家志望の青年(中村蒼)が、病院内で起こっている恐ろしい出来事を暴いていく、という流れかな。

 

田中麗奈の動機が分からないけど、悪魔のような残酷的な衝動が抑えられない、という性質なのか。

過去のトラウマからなのか。

 

しかし、金持ち・イケメン合コンに参加していたのが、大倉孝ニというのが無理があったぞ。

あ、これも火の粉つながりか・・・

おそらくこの先標的になるのかな。

もう既に刺されたから出てこないか・・・

 

 

お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村