読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

ごちそうさん再放送、女はひとりで・・・

テレビドラマ

仕事が忙しくて、ゆっくり録画も観れていません・・・

 

BSで再放送中の「ごちそうさん

 

大好きなドラマだった!

でも、毎日観るってほんとに大変、

どんどん録画がたまるたまる。

ハードがいっぱいになり泣く泣く消したり・・・

 

でも、

「希子ちゃんの馬すけじるしのかき氷」の回と、

「活男が戦死したとき」の回は、絶対に残しておきたい。

もっといっぱいいっぱいいいシーンがあるんだけどね、キリがないくらい。

 

 

今週は、

め以子と泰介が、和枝の家に疎開する話。

 

相変わらずの和枝のいけずに耐えるめ以子と泰介。

 

でも泰介に召集令状が届く。

 

これからひとりで、食事をしなければいけないめ以子を心配した泰介は、和枝に、たまには一緒に食事してやって欲しい、と頼む。

 

そのときの、ぼそっと言う、和枝さんの一言が泣けた。

 

 

「女は、ひとりでごはん食べられるようにならんと・・・」

 

 

これ、後に活男が戦死したときにもつながっている言葉。

 

女はいずれ一人になる。

家を守り、みんなを見送る義務がある。

それを乗り越えていかなければいけないのだ・・・

 

辛いけどね。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

広告を非表示にする