読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

衝撃のアノ人に会ってみた!笑顔の素晴らしい人

 「衝撃のアノ人に会ってみた!」

 

92日間漂流した人や、自転車で日本縦断小学生や、箱根駅伝でタスキを渡せなかった人など、その当時話題になった人にスポットを当て、その人がその後どうなったのか、会いに行く、という企画。

 

なかなか感動したものや、

そうそうこんな事件あったな、とか

観出したら最後まで食いついてみてしまった!

 

なかでも、

2000年に起きた出来事。

名古屋の堀川に突然現れた野生のシャチを、自ら川に飛び込んで海に誘導した、海洋学者の林さんのこと。

この人は、研究費用のために自宅を売り、車で寝泊まりしていたそう。

1日の食費も切りつめ、海に入るため体は鍛え上げ、シャワー室で洗濯もしてしまう、かなり個性的な人だ。

 

そんな彼が、

今どうしているか……

 

 

なぜか、

さかなのロボットをたくさん作っていた!

 

このロボットが、かなりの精巧なものなのよ!

本物となんら変わらないくらいのクオリティだった。

 

エイや、

ウミガメ、

サメ、

泳いでる姿は、まさに本物!

 

なぜ彼がロボットのさかなを作り出したのか。

 

あのシャチ救出事件の翌年、

肺がんにかかった彼は、

大好きだった海に入れなくなってしまった。

 

人生に絶望していた時、

引っ越した宮古島で、海岸のゴミ掃除をしていた時。

「このゴミが全部さかなだったらなあ」というある子供の一言で、ゴミを使ってさかなのロボットを作ることを思いついた。

 

彼は、

そのさかなロボットを、病院や老人ホームにも持って行き、なかなか外に出られない人を喜ばせている。

 

肺がんで入院していた時、

同じく入院している子供に

「もう海に入れないんだ」というような愚痴を言ったら、

その子供に

「僕は海を見たことがない」と言われたから。

 

彼は子供たちに話す。

 

「本物の海はこの一億倍素晴らしい!だから、病気を治して本物を見に行こう!」と。

 

泣けました…

 

彼の笑顔がまたいいの!

 

何かに夢中になり、

誰かを笑顔にしたい、と思ってる人の笑顔は本物だな。

 

このさかなロボット、もっと商業用に広げられないかな、そしたら彼の夢ももっと広がりそう。

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村