すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

マツコ会議、非日常的な宝塚の世界

 先日、

松岡修造の娘さんが、宝塚音楽学校に合格したというニュースがあった。

 

その倍率、20倍とか30倍とか……?

 

中学三年生から高校三年生までの、4回受験出来るチャンスがある。

4回もある、とみるか、4回しかない、とみるか。

 

毎年チャレンジしている人はたくさんいて、その狭き門に入れる限られた人は、相当な人なんだろう。

運も実力も備えた、最強な女性。

 

天海祐希や、檀れいや、

ちょい昔では、黒木瞳や、大地真央か。

やはり、選ばれた特別な人、だわ。

 

そんな、宝塚に入るための

ダンススクールが東京にある。

 

去年は、なんとそのスクールから2名の合格者が出たらしい。すごいね。

 

その代表が、元タカラジェンヌ

初嶺麿代(はつねまよ)。

 

さすが元タカラジェンヌだけあって、容姿端麗。

指導もキビキビしていて、いかにも宝塚って感じ。

 

宝塚といえば、

学校の中の規則や、決まりごとなんかが独特で、たまにテレビでも紹介してる。

掃除も厳しくて、

前、誰だったか忘れたけど、

トイレに置く予備のトイレットペーパーの向きも綺麗に揃える、とか、やってたな。

 

先輩後輩も厳しいんだろうな〜、おんなの世界だからね。

 

そこで鍛えられたら、

厳しい芸能界でもやっていけるのだろう。

 

容姿端麗で歌も踊りも人前も好きなら、目指す価値ある、

まあ私には、今も昔もとうてい関係の無い世界です。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

広告を非表示にする