読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

STAND BY ME ドラえもん、いつもいつもそばにいた

前に録画していたのを観ました、感想を。

 

観るのは2回目だけど、

やはり、

泣きました……

 

 

泣いたシーン、

1つ目。

 

 

のび太が未来にやってきて、

未来ののび太と一緒に、

未来のお嫁さんの静香ちゃんが雪山で遭難しかけているところを助けた後(ややこしいね)。

 

未来ののび太が、

のび太と一緒に過去から来てベンチで寝ているドラえもんを(じっと)見ていた。

 

のび太「(ドラえもんを)呼んで来ようか?」

未来ののび太「いや、ドラえもんは、君の、ぼくの子供の頃の友達だからね……

ドラえもんとの時間を大切にしろよ」

 

なんかこのシーンで号泣。

未来ののび太にしたら、凄く懐かしいドラえもんのはず(いったいいつドラえもんのび太と離れたのだろう…)

でも敢えて遠くからドラえもんを見ただけで、会わなかった未来ののび太

この時の未来ののび太の、寂しそうで懐かしそうな目が、泣けたのです。

大好きなドラえもんに会いたいけど、会わなかった、大人になったのび太の哀しさというか…

 

 

泣いたシーン、

2つ目。

 

 

のび太との結婚前夜

 

”正直電波”で、お父さんに本当の気持ちを話した静香ちゃん。


静香「私がいなくなったら寂しくなるでしょ」

 

父「君は、僕たちに素晴らしい贈り物を残していってくれるんだよ。
少しくらい寂しくても思い出が暖めてくれるさ」

 

静香「私、不安なの、上手くやっていけるかしら」


父「やれるとも、のび太君を信じなさい。のび太君を選んだ君の判断は正しかったと思うよ。
あの青年は決して目立ったとりえがあるわけじゃない、しかし人の幸せを願い人の不幸を悲しむことが出来る、それが人間にとって一番大事なことなんだからね。彼なら間違いなく君を幸せにしてくれると僕は信じているよ。そしてそんな彼を選んだ君を誇りに思ってる。

大丈夫、君の未来は絶対に明るい!」

 

このシーンは、絶対泣く。

お父さんのこの言葉は心に響く、こんなこと親から言われたことないなあ。

娘には言ってあげたい、と思った。

 

 

泣いたシーン、

3つ目。

 

 

”成し遂げプログラム”を完了したドラえもんは、未来へ帰ることになった。

 

そんなドラえもんが独り言のように、のび太のわるいところをあげていくシーン。

 

「まったく君は、ドジでノロマで勉強が嫌いで気が弱くてなまけものでグズで…………」

 

…涙を流すドラえもん

 

優しいドラえもんのび太の全てが大好きになったんだね。

 

 

ドラえもんが未来へ帰り、

その後、

”ウソエイトオーオー”により、

また戻ってきたドラえもん



ここのラストは、泣くのは当たり前。

 

映画館だと、

エンドロールで、

ひまわりの約束」が流れるのだろう。

 

みんな泣いただろうね。

 

 

 のび太には、いつもいつもドラえもんの温かい眼差しがあったんだ。

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村