すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

読んで震えました、ど根性ガエルの娘

 怖い本だった・・・

 

 

ど根性ガエルの娘」

 

 

ど根性ガエル”といえば、

わたし的には、夏休みの午前中にやっていたアニメ番組で、何回も観ていたアニメ。

大好きなアニメだった!

 

最近実写ドラマ化されたよね。

 

そんな、”ど根性ガエル”の作者・吉沢やすみの娘が描いた、父と家族の再生物語。

 

ど根性ガエルが大ヒットし、一躍人気漫画家になった父。

しかし、連載終了後、大スランプに陥り、漫画が描けなくなってしまった父。

 

何本もの原稿を落とし、失踪。

 

そこから家族は崩壊へと向かう。

 

 

でも、

 

なにが一番怖いって、

 

 

家族再生物語として、綺麗にまとめられたお話しが、

 

実は、

 

常に父の機嫌を伺い、父の思うとおりに喋り行動する著者の悲しい物語だったってこと。

 

 

ギャンブルにのめり込み、娘のお小遣いやお年玉まで盗んでいく父。

 

そんな父をかばい、娘に我慢を強いる母。

 

あなたさえ辛抱すれば、お父さんはまた面白い漫画を描いてくれるの、優しいお父さんに戻ってくれるの……

 

 

家族で焼肉を食べるシーン。

泣きながら土下座して謝る娘を前に、父、母、弟が普通に焼肉を食べている、

こんな怖い漫画、知らないです。

 

 

ものすごいヒット作を出した漫画家って、その後スランプになっておかしくなる、というのは聞いたことある。

 

マカロニほうれん荘」の鴨川つばめもそうじゃない?

連載当時、忙しすぎて、常にベッドの横にナイフを置いていたエピソードを何かで読んだ。

いつでも首を切れるように、だと、あああ。

 

大好きなアニメだっただけに、

その裏でこんな物語があったなんて・・・

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

広告を非表示にする