読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

ドラマ・ミステリーズ、大泉洋のミスキャスト?

 ドラマ・ミステリーズ~カリスマ書店員が選んだ珠玉の一冊~」

 

 短編のミステリーをオムニバスドラマ化した番組。

 

それぞれ、向井理大泉洋・土屋太鳳主演で、3話のショートミステリー。

 

世にも奇妙な物語」的な感じ。

 

 

大泉洋主演の、

小池真理子著「妻の女友達」。

 

主人公は、

いつも定時に帰る冴えない市役所勤務の大泉洋

普段は大人しく自分を抑えているが、仕事で不満があると、帰り道、自転車に乗りながら大声で不満を叫ぶ、人。

妻(戸田菜穂)と幼い娘の3人暮らし。

家に帰ると、美しく従順な妻が迎えてくれる。

妻と一緒にいることが一番幸せ。

 

『僕と居ると幸せだよね』みたいにいちいち確認する粘着質。

 

端々に、狂気じみた雰囲気を漂わせてる、

 

けど、

 

大泉洋の元々持ってる、”陽”の部分がどうしても隠せなくて、こういう陰湿な犯罪者の役が似合わない……

 

 

 

妻の女友達の高岡早紀が現れて、

妻を取られたと思い込む。

 

そこから、

ラスト、高岡早紀を監禁するのだけど、

そのシーン、

椅子に縛り付けた高岡早紀を罵倒したり、

自分の不満をブチまけたり、

大声で叫びまくる。

 

 

迫真の演技なのだろうが、

この役は大泉洋ではない気がした。

 

大泉洋は、外身も中身も”いい人”なのだ。

 

ダメ男の役は似合うけど、

犯罪者の役は似合わない。

 

もっと、

普通の人であって、その中に時おりゾッとするような狂気を漂わせている人。

 

誰だろう、思いつかない。

 

 

高岡早紀に『小さい男』と嘲笑われ、

ブチ切れした大泉洋が、

高岡早紀の頭にガラスの灰皿を振り落とす…

 

この時の、高岡早紀、怖かった〜〜!

 

きゃーきゃーきゃーきゃー、

 

とひたすら叫ぶ高岡早紀

 

恐い恐い…

 

リアル過ぎて、怖かったあ!

 

最後、意外な展開で、へえ、となり、

 

でも、また、どんでん返し。

 

小説で読んだらまた違う感じかな。

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村