読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

女囚セブン、コメディーなんだよね?

 なんだ、このドラマは・・・・

 

 

花や絵画が飾られ、ピンクの制服に身を包んだ女たちが、笑顔でソフトボールに興じている――そう、ここは、現代的で平和に満ち溢れた、模範囚だらけの『花園女子刑務所』。
「女性受刑者はみな真摯に更生しようとしている、国民のみなさん、彼女たちを応援してください!」そんな法務大臣・内藤裕次郎高嶋政伸)の熱い演説がテレビ放送される中、花園刑務所にサイレンが響き渡る。

                  番組HPより抜粋

 

 

脱走して塀の上から飛び降りる静ちゃん(南キャン)。

 

お色気とは全く無縁なのにエロ女囚のファブリーズ嫁。

 

ヤンキー言葉が板についてない元ヤン女囚のトリンドル。

 

ただただ下手な橋本マナミ。

 

極め付けは、

 

ナメてるとしか言えないおかしな京都弁を使う芸奴の剛力彩芽

 

この元芸奴の剛力彩芽が、無実の罪で女子刑務所に入ってきたことから始まる。

 

かなり変な役柄の女囚ばっかりです。

 

これは狙ってきているのか(コメディーと書いてあったけども)

 

あり得ないほど強い剛力彩芽が、これからこの女囚セブンひとりひとりと向き合っていくのか。

 

まるで、昔やってた、「リップスティック」みたいだ。

 

今回、二話目。

 

仲が悪いかと思えば、なんとなく和気藹々としている女囚セブンたち。

 

剛力彩芽がなぜか監視され、謎の組織から狙われている・・・?

単なる芸奴殺し、では無さそう。

 

しかし、

剛力彩芽の白塗り芸奴姿が、これまた似合わない。

 

 

 

期待してないけど、

とりあえず来週も観る←最近こればっかり

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

 


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

広告を非表示にする