読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

ひよっこ、今までの感想とまだ一週間かい!

ひよっこ、

始まってひと月ちょっと、

みねっ子は高校を卒業して、もう東京で働いている、展開が早いです。

 

いつもの朝ドラだと、

2週間は子役時代だもんね。

 

実は、始まって2週間くらいは、あんまりはまらなくて惰性で観てた。

 

でも、

マッシュルーム宗男叔父貴の

「つまんねえ人間なんかいねえ」発言から、

 

時子の

就職口譲ってあげる、発言とか、

偶然にみね子と就職先が同じになり、泣いて喜んで、「ほんとは不安だったの」発言とか、

 

なんか、ジンワリとさせるセリフやシーンが続いて、ハマっていきました。

 

集団就職で、

三男が就職先の人に連れて行かれるとき、

不安な三人、みね子は

泣きそうな顔で、

「連絡取り合おうね!」と訛りのあるセリフで何回も叫んだ。

 

このシーンは泣きました。

 

高校卒業して誰も知り合いのいない東京という都会に出た三人。

ネットやテレビで情報が溢れてる今と違って、ほんとに未知の恐い世界だったろうに……

 

18歳で家を出す、というのも

親にしたら心配だよねえ・・・

 

 

向島電機の人達、みんないい人ばっかりで良かった良かった!

たいがい、

意地悪な先輩とかいるよね、

不器用なみね子だから、イビラれるんだろう、とか勝手に思ってたけど、

不器用の大先輩愛子さんが、寮のいい雰囲気をつくり出してるんだろう。

 

みんなそれぞれ事情があって、

それぞれ哀しみも抱えてるけど、

明るくて思いやりがある。

 

みね子の魅力がどんどん出てきてる!

 

すごい時間が経ってる気がしてたけど、

働き出して、『まだ一週間なんかい!』と突っ込んでしまった。

 

三男の方も、

なにやら面白い展開になってます、良かった、キツイ仕事じゃなくて・・・

 

朝からホッコリさせてくれるドラマになってます。

 

 

 最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

 


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村