すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

ひよっこ、どれだけ泣かせるんだい

今週は、そんなにも我々を泣かせたいのかい、そんな週だった。

 

 

工場閉鎖に伴って、みなそれぞれバラバラの道に進もうとしている。

 

優子さんが秋田に帰る。


悲しいねえ、せっかくみんなに会えた、仕事も楽しい、寮生活も楽しい、なのに上手くいかないんだね・・・

 


工場閉鎖の前日に帰るという優子さん、なぜたった一日残れない?新しい仕事の関係か・・


魚の加工工場に仕事が決まったとか、良かったけど、からだが冷えないか心配。何歳くらいなんだろう、可愛い顔してるし早くいいところにお嫁に行って欲しい。

 

不良なことが、門限破ってちょっと遅くまで浅草にみんなで出歩く!

 


でも、みんなお洒落じゃない?レトロの感じがすごく可愛い!

 


『泣きそうだけど、楽しくて仕方ない』

 



優子の母が、やっぱり若い。


『今日までありがと』と頭を下げる母。


『えらかったねえ・・・・』涙涙・・・

弱いからだで、家族のために働いてくれていたんだもんね。

 


みんなで最後のコーラス。

 

見上げてごらん夜の星を

ここにきて、坂本九か、もう涙腺崩壊です。


コーラスは、出演者のみんなで、ほんとに練習したって言ってたな、

和夫さんもアコーデイオン練習したとか。

 

 

10代の美しい涙。


泣いているみんなの顔が、ほんとに綺麗。


みね子の目の中に涙が溢れ、溢れそうで溢れない、瞳の中にたまった涙がきらきらして綺麗。


幸子さん、優子さん、豊子、澄子まで可愛くみえてきたぞ。


この工場で働くことの辛さ・苦しさ・楽しさを教えてもらったね。

 

真面目でまっすぐな豊子の最後の反乱。

「嫌だ」って言いたかったんだね、ずっといい子で我慢ばっかりしてきた豊子、最後くらいわがまま言っていいよ。

 

工場に立てこもった豊子を守ろうと、廊下でもみ合う主任やみね子達のシーンを見て、

金八先生の腐ったみかんを思い出した。頭の中で、中島みゆきの「世情」がかかった。

 

もう泣くしかなかった・・・

 

和夫さんのカレーも最後か。

 

新しい職場にそれぞれ進むけど、

どうなるんだろ~~~?

 

綿引さん、もう出てこないのかな。

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

 


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

広告を非表示にする