すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

また痛い検査がきた〜〜

毎年この時期に、健康診断と検診をまとめてやっている。

夏が終わる頃、一年で一番好きな季節がやってくる嬉しさと共に、嫌〜〜な検診もやってくる。病院までの道のりの公園沿いのキンモクセイの香りに癒されながら、また今年もきたのね、と思ったりして。

 


健康診断は簡単だ。
尿と血液検査、血圧、身長・体重・腹囲測定。簡単な問診が終わると、じゃあ結果は来週ね、で終了。

 


で、結果は、

 


いたって健康、であった。


私はコレステロール値が高い。悪玉も高いが善玉も高い。父も同じだったからおそらく遺伝であろう、と勝手に思っている。医者曰く、こういうタイプは長生きするって。←ほんまかいな。

 

 

血圧は低い。心配だった貧血は去年より改善されていた。もしかして、以前記事に書いた、鉄玉子のせいかな〜と喜んでいる。

 

 

精神的な不安定さはさておき、からだは健康体みたい。心もそれについていければいいんだけどな。とにかく栄養、運動、睡眠。あとは心を楽しくすること!

 


で、

 

題名の、痛い検査の話し。

 

去年も書いたけど、

子宮ガン検診ね。一年ぶり(まあそうだよね)だから覚悟はしていたが、やはり痛かった。
医者によるかも、だけど、前通っていた病院はそんなに痛く無かった。そこは男性の先生。娘を産んだ産科のお爺ちゃん先生も内診はあんまり痛く無かった。いまの病院は女医さん。やはり男性の方が上手なのか←下ネタ?


そういやこの間、胃腸の調子が良くなくて、胃腸内科に行った。私は痔主でもあるので、ついでに診てもらった。直腸の検査。この検査、男性はほんとに辛い、と聞いたけど。わたしに言わしたら、子宮の検査に比べたら、どってことない。女は内診台に上がったら恐いものなんてないのかも。

 

 

まあ何にしても、検査は辛い。

健康に勝るものなし、です。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。 ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓


にほんブログ村


にほんブログ村