すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

楽しいこと思い出した

ぼんやりしていたら1日が終わっている、そんな毎日をおくっている。資格の勉強もやるにはやるが、昼からの異常な眠気に勝てず、机に突っ伏して寝てたり。こういう時、家にいられる幸せを感じる。まあ薬のせいもあるのかも、と言い訳させてくれ。

 

今日は、隣の駅にある図書館まで歩いてみた。いつもは自転車でさ〜〜っと行ってしまうので大した運動にはなってない。買い物行くみたいにたらたら歩きはやめて、早歩きで行ってみた。30分かかりました。

体力無いので、図書館に着いた頃にはもうヘロヘロでした。ハアハアいって図書館に入っていったから恥ずかしかった。

 

平日の図書館は空いている。

 

だいたい、最初に雑誌類をひと通り見る。普段買うにはあれだけど、読みたいやつ。「婦人公論」は必ずチェックする。読みたいやつを何冊か持って空いている長椅子に座って読む、読む、読む。

 

図書館のいいところは、ほとんどみんな一人で来ているところだ。

 

本が読みたい人、勉強したい人、時間つぶしにきてる人、みんないろいろ事情はあるだろうが、みんな自分のことに集中していて、静かで居心地がいい。

 

以前、市がやっているスポーツセンターに行ったことがある(前書いたかな?)。平日の午前中に行ったのだが、あまりにも人が多くてビックリした。まあある程度年寄りばかりだろうと思ってはいたけど、想像以上に老人の巣窟だった。しかも近所の常連さんばかりで、みな知り合い。〇〇さんこっち〜〜、とか、久しぶり〜〜、とか、もう帰るの?とか、声掛け合ったりして。何よりジムの機械を占領されて使えない。なんだか居心地が悪くて早々に帰ったんだった。

 

みんなが知り合いの中での孤独って、

ほんと自分だけ見えてない人になったような気になるね。

 

まあそんなことはいい。

 

今回は、「森田療法」の本が読みたくて。一冊だけあったので借りてみました。またブログに書いてみます。

 

お昼をまわってしまったので、またヘロヘロになりながら、早歩きで帰りました。

 

運動と趣味を兼ねて図書館。いいかもなあ。

 

"楽しいこと"をずっと探していたけど、小さい頃からの"楽しいこと"を忘れていました。

なんで、本を読むこと、を忘れていたのだろう。

資格の勉強のせいもあって、今は本を読んでいる場合じゃない、なんて、

どうして自分に"好きなもの"を禁止していたのか。

 

ひとり時間を過ごせる最高なものなのに。

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。 ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓


にほんブログ村


にほんブログ村