すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

ノイローゼになったマンションの話ー何も変わらない⑤

原因が分かったからといって、現実は特に何も変わらない。

 

音は鳴るときは鳴るし、

鳴り出したら、やっぱり不安定になるわたし。

 

旦那とも相談し、まず管理人に相談しよう、ということになった。原因は風であったんだし、何よりこの音をマンションの住民が誰も聞いていない訳がない、と思ったからだ。もしかして過去に問題になっていたかもしれないし、管理人なら聞いているかもしれないと思ったから。

 

 

しかし・・・

 

 

音のことを話しに行ったら、

 

「そんなこと誰も言ってないし、過去に聞いたこともない」

 

 

 

「はあ⁇」

 

 

まるで、私達が、音に神経質な人たち、みたいな、不思議な目で、先のセリフを吐かれた。

 

「騒音はお互い様だし、当事者同士で解決していただかないと。集団生活ですし、多少の音はみんな我慢されていますよ。マンションに住まれたこと無いですか?」

 

いやいやいや、誰も"騒音"とか言ってないし。

しかも、風が原因で異音がする、と話してるのに、全く話が通じない。

 

 

この後、何度か話しをしに行ったが、同じだった。こりゃだめだわ・・・

旦那と、ああそうですか、と言うしかなく、

想定内でもあり、想定外でもある返事を貰って、がっくり帰ってきた。

 

 

「ほんとにあの音を誰も聞いてないの?」

 

 

そう、そこが一番の疑問なのだ。うちだけに聞こえる音なの?それとも引越してきて間もないから慣れないだけで、みんなあの音に慣れてしまったの?

 

誰にも分かってもらえない苛立ちを抱えながら、でもこれ以上ゴネたところで、うちだけが聞こえるのであれば、どうしようもない。この先もここに住むのだし、我慢するしかないのか。

耐えられるのかな、ワタシ。

 

絶望とあきらめ。

 

それでも日常はつづく。