読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

べっぴんさん夫婦のこれから、とタケちゃんの年齢にびっくり

テレビドラマ

仕事も家事も子育ても、全部完璧にしようとしている。

そんなことは到底無理なのに。

自分の好きなことを仕事に出来て、それが皆にも受け入れられて順調にいっている。

 

なのに、一番愛する人達を幸せに出来ていない。

 

こういうとき女って損だよな、男の人は仕事が忙しくても家事も子育てもしなくても責められない。

だけど女はそうはいかないのだ。

今とは時代が違うだろうけど、いつの時代もおんなが働く、働き続けることは難しいのかもしれない。

 

靴のサイズが小さくなっても、それを言い出せず我慢しているさくらが不憫だねえ。

 

やっぱり人間忙しいと周りが見えなくなるのか。

自分のことでいっぱいいっぱいになるのか。

 

お姉ちゃんのゆりも、子供が出来たことを潔に言えずにいる。

喜ぶべきことなのに、仕事をしている自分のことを好きな潔に言い出せない。けなげだねえ。

 

姉妹で、夫婦のこれからのありようを問われているようだ。

 

さくらが聞いてきた。

「おとうさんのどこが好き?」

「おとうさんは、おかあさんのどこが好き?」

 

答えられなかったスミレと紀夫。

 

これはきっちりと話し合わなければいけない。

 

 

こぼれ話、タケちゃんって15歳だったの??

そりゃあ、明美さん受け入れないはず。

でもあと3年待って、18歳になって立派になったタケちゃんに期待!

 

あと、大急の小山さんって芸人もやってる夙川アトムさんだった。

なんとなく見たことあった気がした。

 

お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

  

 
にほんブログ村