読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

カルテット3回目すずめちゃんの過去で思い出したあの人のこと

テレビドラマ つぶやき

衝撃的な過去でした。

 

まさかの「魔法少女」。

 

すずめ、という珍しい名前のせいで(20年くらい前の事件かな?)覚えている人は覚えているよね、検索したらすぐに引っかかってくる世の中。

 

わたしは、これを観ていて、あの事件を思い出していた・・・・・

 

 

STAP細胞のあの方。

 

このドラマの詐欺事件とは、全く類似していないけど、なぜか頭に浮かんだのです。

 

ドラマの中では、日本中を大騒ぎさせた事件、となっていた。

 

まさに、日本中を震撼させた出来事であったわけだし。

 

不思議なんだけど、

あの当時、

STAP細胞が発見された、とテレビで取り上げられ、満面の笑顔でテレビに出ていた彼女を見て、

「これがウソだったら世間はひっくり返るだろーなー」

なんてチラッと頭をよぎったの。

ほんとに不思議・・・

 

この何ヶ月か前に、あの例の作曲家の事件があったからだと思う。

 

信じていたことがウソだったことによる、マスコミの恐ろしいまでのバッシングを見ていたから、これも全部無かったことだったら凄いことになるだろな、なんてほとんどジョークのつもりの私の妄想だった。

 

まさか本当にあんな大騒動になるとは。

 

結局、STAP細胞のその後は、よく知らない。

皆、興味を失ったように、マスコミも取り上げることは無くなった。

 

何ヶ月か前に、婦人公論に、彼女が新連載する、と記事が載っていた。

 

 

記事は、日記形式になっていた。

 

あの事件以来、外に一人では出られない。

テレビも見られない。

本も読めない。

読むとめまいがする、と書いてあった。

 

あの事件では、亡くなった人もいたし、彼女の会見など見るにつけ、同情の余地なし、とは思う。

実際のところ、彼女自身も、どうしてそうなったのか分からないままあのような事件になったのだろうか?

 

 

まあ、彼女の場合は当事者。

すずめちゃんの場合は被害者(巻き込まれ系)。

 

悲しみの質が違いますわな。

 

話がだいぶ逸れたけど、

カルテット、今回も楽しめました。

 

 

湯豆腐を四人で囲んでいるとき、豆腐を取ろうとして、熱い湯を、家森さんの腕に飛ばす別府さんが笑えた、あれすずめちゃん(満島ひかり)まじで笑ってたよね。毎回食事のシーン、好きだわ。

 

 

最後、別府さんにキスしたすずめちゃん。

恋が生まれるといいなあ(やっぱり松田龍平、いいよね)

 

お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

   

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村