すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

カルテット最終話キリギリスになった4人

 カルテット、終わったなあ……

 

 

あれから一年。

 マキさんは、”疑惑の美人バイオリニスト”になっていた。

すずめちゃんは、転職のために資格試験勉強で、あまり寝なくなった。

ツカサくんは、仕事を辞めた。

ユタカさんは、週7日働いている。

 

 

みんな、

キリギリスをやめて、

アリになろうとしていた。

 

 

マキさんのいないカルテットなら、意味ないよねぇ、すずめちゃん…

 

 

でも、やっぱり、4人は引かれ合うんだね。

 

一年ぶりに会うマキさんの手を取って、

その手の感触、おそらくこの一年の苦労を感じたのかな、

 

「マキさんを連れて帰る!」

 

マキさんを抱きしめるすずめちゃん、

そんな二人を抱きしめる家森さん。

そんな三人を見て微笑む別府さん。

 

良かったな〜〜、このシーン。

ジーンと涙でた。

 

すずめちゃんが、マキさんに向ける笑顔が泣ける。

心から好きなことが分かる、けなげな笑顔。

 

 

夢を趣味にするタイミングがきた、と話す三人、たまに道端で演奏するのもいいね、なんて話す三人。

 

”マキさんのせいじゃない、マキさんには責任はない、自分たちには才能が無かったんだ”と自分たちで納得しようとしている、

そんな風に感じたのかな、マキさんは。

 

みんなに最後の夢を見せるために、

自分をさらしものにして、コンサートをやろうというマキさん。

 

ほとんどの観客が、

野次馬根性だったかもしれない、

演奏は下手だったかもしれない、

でも、

キリギリスの4人は、

キリギリスにしか出来ない演奏ができる。

こころが伝わることが出来るかな……

 

 

でも、マキさんのあの一言が気になる。

「こぼれたのかな…内緒ね」

 

死と乙女、とは?

 

『大人は秘密を守る』

 

あくまでも、灰色だね〜〜。

 

 

でも、この4人だったら、ルックスだけでも人気出そうだよ!

 

続編期待します!

 

PS・別府さんの「マジか」好きだわ。

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

広告を非表示にする