すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

40歳過ぎてハマったアニメ

今週のお題「私の沼」

 

もともと凝り性、だけど飽き性な性格。

 

なんでも興味持って首突っ込んで、ハマると一時期そればっかり、

だけど飽きるんだよね〜〜。

 

だからこれまでいろんなもの集めたり始めたりして、その残がいだけが家の中に散乱してる(断捨離でかなり捨てた…)

 

そんなわたしが、40歳前からハマったもの、2つ。

 

ひとつは、「関ジャニ∞

ふたつは、「銀魂

 

このふたつは、珍しく飽きることなく今も続いている。

 

関ジャニ∞のことは、また改めて語るということで。

 

銀魂」について書きます。

 

娘が中学生だったから、5年くらい前かなあ、夕方6時半だったか?毎日日替わりでアニメをやってた、「ブリーチ」も同時期頃かな。

 

 

ご飯食べながら、娘と観るのが日課になってたけど、私は用意だったり食べたり片付けだったりで、だいたい耳だけで聞くことが多かった。

 

銀魂」は、途中から観始めたから、全くストーリーが理解出来ない、

時代劇なの?

なぜへんな生き物や車やスクーターが出てくるの?

 

でも観てて娘が爆笑している…

 

なんだろ〜このアニメは・・・とか思ってた。

 

そんなとき、ブックオフに「銀魂」の1巻を発見!ストーリーを理解したくて何気に3巻まで買った(100円だったし)

 

面白かった。

 

よおおし!ストーリーはだいたいわかった。

 

アニメを楽しむことが出来るようになり、めでたしめでたし

……

 

と、なるところが!

 

 

ある時、

娘が塾に通いだし、夕方のアニメの時間は塾でいないことが多くなった。

それでも、癖でアニメにチャンネルは合わせるわたし。

 

相変わらず耳で聞くアニメ銀魂

 

ん?

 

 

時折聞こえる声。

なにこのいい声〜〜!

めっちゃカッコいい!

誰?誰?

 

銀魂を食い入るようにみる。

 

誰なの、この声はあ〜〜⁇

 

 

 

分かった。

 

土方十四郎だ!

(この人、中井さん、ワンピースのゾロの声でもあったんだ!)

 

ここから、

 

どっぷり「銀魂」にハマっていくのであった。

 

土方にハマってから、

「紅桜編」で、桂に移行、

紅桜編で、船の上でエリザベスの中から短髪になった桂が登場したとき、マジで鳥肌もんだった。

単行本をブックオフで買い集めた40巻あたりから、やっぱり銀さんに落ち着いた。

 

映画「万事屋よ永遠なれ」は、家族で前売り買って、銀魂のポップコーン買って観たんだ〜〜、いい思い出!

 

夏に実写版がある、

絶対に行く。

 

実写版はいろいろ批判もあるだろうけど、わたしは今回の配役はかなり満足してる。

 

ただ、わたしの想像の実写化では(あくまでも勝手な妄想)

 

土方→若い時のガクト

桂→千葉雄大(幼顔に長髪似合わない?もちっと身長あれば)

 

銀さんは、向井理かなあと思ったり、でもちょっと男前すぎるか、やっぱ小栗旬かな…

 

 銀魂の魅力ってなんだろう・・・

下ネタもバンバン出てくるし、娘と観ていても気まずくなることも多い。

作者の空知さんも言ってたけど、「何でもあり」の面白さ。

 

主婦層に人気があるっていうのは納得できる。

なんといっても、登場人物がみんな8頭身のイケメンだから・・・違うか。

私は、単純に銀さんの魅力かなあ。

普段はだらだら死んだ目で万事屋やってるけど、

仲間のためだったら、死ぬ気で闘う。

それでいて、あの悲しげな目の時の銀さん、がいとおしい。

すんごい登場人物が多いのもストーリーの幅が広がるのかも。

 

アニメのような二次元の世界って、実在しないものだし、夢中になる人たちの気持ちが分からなかった、前まではね。

でも、銀魂にはまってから、

銀さんのコスプレの人に、うわ~~って思ったり、

グッズ集めたり、

声優さんたちにも興味持ったり、

いかれてますな・・・

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

 


にほんブログ村


にほんブログ村

  

広告を非表示にする