読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

べっぴんさん、えっ聞いてないことばっかりなんですけど・・・

テレビドラマ

大阪万博

 

1970年。

 

私が2歳のときに、ヨチヨチ歩きで連れて行ったとよく聞かされたっけ。

 

私にその頃の記憶はない、当然だ。

 

でも、やっぱり「太陽の塔」を実際に見ると感動します。

 

やっぱり、岡本太郎は天才だ、と思わずにはいられない。

 

 

そんな時代に、スミレ達がいたなんて、ちょっと親近感。

 

 

先週からいったい何年経ったの??

 

 

さくらが大学を卒業して、おまけに健ちゃんと海外留学して(しかも二人付き合ってるんでしょ!!)もうすぐ帰国する、って??

 

 

さくらが25歳になってたから、7年かあ。

 

 

スミレ、44歳だったんだあ。

 

会社も自社ビルになって、従業員も三桁を超えたって。

キアリスのメンバーも、それぞれの部署の責任者になってたり、もう手の届かないところまで上りつめたねって感じ。

 

タケちゃんが無事に結婚したかどうかが気になるところだけど。

 

でも、従業員たちが集まって大事な挨拶をしているところに、突然娘が表れて「さくらああ~~~!!」は、どうかと・・・

 

 

なんか、さくらがやたら肉食系女子に見えたんですけど。

 

もともと二郎に対しての積極的な感じもあったし。

なあんか奥手の健ちゃんが、そそのかされてるんじゃないの?

 

君枝ちゃんが心配するのも分かるわ。

これで、二人してキアリスに就職かいな。

 

もう勝手にしてくれ・・・

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村