すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

人には言わないだけなんだ

関ジャニ∞の安田くんのこと・・

 

 

このあいだのすばるの脱退会見もショックだったし、まだ受け入れてない感あるのに。また衝撃のニュースが(´༎ຶོρ༎ຶོ`)。

 

何なのよ〜〜、

病気のこと、まったく知らなかったし(公表してないから当たり前だけど)、気付かなかった。去年の2月て、ツアーが終わって落ち着いてから手術したのかな。

 

会員専用の動画みたけど、

ちゃんと話してたし(心配だよね)、痩せたりもしてないし何にも変わってないように見えただけに、裏では検査、手術、治療していたのか、と思ったら、ほんと人って、分からないもんだなあと改めて思った。

 

辛いこと苦しいこと、人に言わなければ誰も分からない。気付かない。

 

違和感を感じて、脳ドックで検査してもらった、と。

忙しくてもちゃんと検査に行くヤスくんがまた愛しいです。自分のことをまず大切にして欲しいからねえ。

 

経過は良好だったけど、今年の4月に立ちくらみで転倒し背中と腰を骨折。全治3ヶ月。痛かっただろね・・そりゃすばるの会見には来れないはずだ。

 

そういうことも含めて、関ジャニは去年から大変なことになっていたんだ。病気は仕方ないにしても、本人もショックだったろうし、メンバーも心配だっただろう。公表出来ないしねえ。

 

気付かない、気付かなかった。

 

誰にでもあるんだ、人生の波。若くてキラキラした世界にいる彼らにも、我々と同じように苦しい辛いことがあるんだ、と。

当たり前のこと。

わたしは、タチの悪い神経質症だから、つい、自分だけがいつも辛い目にあう、どうして私だけって思い込んで、嘆き哀しむ癖があるの。

 

ヤスの頑張りと、あの笑顔に救われた自分がいる。辛いときに笑える彼はほんとに強い人です。

 

動画みながら、泣いてしまった。

でも、6人での関ジャニ∞を見て、ああもうすばるの姿は無いのだな、という思いもあったり。

 

とにかくヤスの回復を祈ってます。

7月のツアーでは、無理せず、顔だけでも見たいかな。

 

始まりの予感

この3月に、母と私と娘で、姉の家に遊びに行った時は、母の様子はそれほどおかしくはなかった。相変わらず物忘れはあるし何回も同じ話しをするのは老人特有のものじゃないのか。

 

月一回は実家に行っていたけど、数時間話すだけでは、分からないもんだ。

 

 

母の状態は、四年前に亡くなった父のそれとそっくりだった。

 

父も晩年は認知症になり、

物忘れ、徘徊に始まり、近くにいた母とは毎日喧嘩になっていたようだ。思えばこの頃は私も週3回実家に通って父の様子を見に行っていたっけ。片道1時間半かかる、実家に帰ると、訳の分からないことを言う父と神経症の母で、私のストレスもめいっぱい。

 

また始まるのか・・・

 

地震と母のこと

朝の家事がひと通り終わり、ホッとひと息つき、テレビでも観ようかな、と座った時。

たまたま、この週末は旦那が単身先から帰ってきていて、この日は本社会議に出席するためまだ家にいた。9時頃家を出る予定であった。

 

突然だった・・

 

 

ド〜〜〜〜〜〜ン‼️

 

 

下から突き上げるようなたて揺れがきて、

そこから、グラグラグラ、と大揺れ。

直下型地震の典型的なパターン。

阪神淡路大震災の時と同じだ。

 

 

揺れている間に、スマホ地震速報の音が鳴り、旦那が「遅いわ」と呟く。

 

旦那と二人してしがみつきあい、座ってられない程の揺れに耐えながらも、

心の中では意外にも、テーブルの下に移動した方がいいのかな、とかぼんやり思ったり。

 

早く終わってくれ、とひたすら祈ってた。

 

この時間、およそ20〜30秒。

 

 

 

 

揺れがおさまり、

旦那と、「何やったん?いまの地震?」とパニックになっていた。

テレビでは、地震速報が早くも流れ、バタバタし始めていた。

 

手の震えが止まらなかった。あんな怖いこと初めてだった。マンションは大丈夫だろうか、と不安だった。外の様子も心配だった。

 

玄関先で声がしたので、出てみると、隣の奥さんとそのまた隣の奥さんが喋っていた。

うちは、5ヶ月ほど前に引っ越してきたばっかりで近所付き合いは無い。しかし、この時ばかりは人見知りとか言ってられない。

 

「怖かったですね〜!」

こういう時、人は心を開くのだろうか。

いつも疎外感を感じてどこに行っても余所者意識を感じる私ではあるが、"怖い思いをした"という共通項があるせいか、話が弾んだ!

 

二人とも食器棚もタンスも倒れて、家の中がぐちゃぐちゃだと話していた。うちは奇跡的に食器棚もテレビ台も倒れなかった。(引っ越しの時タンスが家に入らず泣く泣く捨てたことを感謝した)

被害は、食器棚からコップが一つ落ちて割れたこと。棚からコンポが落ちて割れたこと。洗面所の鏡が落ちて割れたこと。

 

そして、娘の部屋は、机の上の本やプリントや物がすべて床に落ちていた。娘の部屋が一番被害が大きかった。

 

娘は、大学に行く途中、バス停でバスを待っている時に揺れが来たらしい。地面が激しく揺れて立っていることが出来なかったと。

帰ろうとしたが、電車は止まっていたし、ひとりは不安だったからと、来たバスに乗り大学に行ったのであった。←これが正しい行為だったことはニュースをみていた人なら分かる。

電車はその日には復旧せず、タクシーも長蛇の列。大学に行ったら、下宿の人たちが来ていて、そのうちの一人に泊めてもらうことが出来た。

大学に行かなければ、駅でひとり途方に暮れていたであろう。どうなっていたかな。

 

余震の心配もあったし、

何より思っていたよりも被害が大きくて、亡くなった方たちもいて、改めて恐怖が沸き起こってきたり。

 

少しずつ良くなっていた体調だったのに、

これでまたずど〜〜んと落ちた。

 

その日の夜はほとんど眠れなかった。

 

旦那は、次の日、ようやく動いた新幹線で単身先に帰って行った。

 

ひとりマンションに残されて、怖くて怖くて。

 

またあんな揺れが来るんじゃないか、そればっかり考えて、不安で。

 

娘とも相談して、

とりあえず私の実家に避難しに行こう、となった。

実家は少し南部の方にあるので、多少揺れはマシだったようだ。

 

実家に帰ったわたしを待っていたのは、

認知症がかなり進んだ母親だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

ノイローゼになったマンションの話ー何も変わらない⑤

原因が分かったからといって、現実は特に何も変わらない。

 

音は鳴るときは鳴るし、

鳴り出したら、やっぱり不安定になるわたし。

 

旦那とも相談し、まず管理人に相談しよう、ということになった。原因は風であったんだし、何よりこの音をマンションの住民が誰も聞いていない訳がない、と思ったからだ。もしかして過去に問題になっていたかもしれないし、管理人なら聞いているかもしれないと思ったから。

 

 

しかし・・・

 

 

音のことを話しに行ったら、

 

「そんなこと誰も言ってないし、過去に聞いたこともない」

 

 

 

「はあ⁇」

 

 

まるで、私達が、音に神経質な人たち、みたいな、不思議な目で、先のセリフを吐かれた。

 

「騒音はお互い様だし、当事者同士で解決していただかないと。集団生活ですし、多少の音はみんな我慢されていますよ。マンションに住まれたこと無いですか?」

 

いやいやいや、誰も"騒音"とか言ってないし。

しかも、風が原因で異音がする、と話してるのに、全く話が通じない。

 

 

この後、何度か話しをしに行ったが、同じだった。こりゃだめだわ・・・

旦那と、ああそうですか、と言うしかなく、

想定内でもあり、想定外でもある返事を貰って、がっくり帰ってきた。

 

 

「ほんとにあの音を誰も聞いてないの?」

 

 

そう、そこが一番の疑問なのだ。うちだけに聞こえる音なの?それとも引越してきて間もないから慣れないだけで、みんなあの音に慣れてしまったの?

 

誰にも分かってもらえない苛立ちを抱えながら、でもこれ以上ゴネたところで、うちだけが聞こえるのであれば、どうしようもない。この先もここに住むのだし、我慢するしかないのか。

耐えられるのかな、ワタシ。

 

絶望とあきらめ。

 

それでも日常はつづく。

 

 

本を読めば・・・

図書館で読んだ雑誌のバックナンバー。読書の特集だったかな。

 

いろんな本を紹介されていて、ああまだまだ読みたい本は際限なくあるんだなあ、と。

 

 

内藤陳さんのことを紹介していた。

内藤陳さんて、俳優さんだと思っていたけど、元々はコメディアンだったんだ。

 

内藤陳とは、

日本のコメディアン、俳優、書評家(ただし、自身は「“面白本のオススメ屋”」とコメント。本名の読み方は「ないとう のぶる」。日本大学芸術学部中退。

 

Wikipediaより引用

 

2011年にお亡くなりになっていた。

わたしは何を見てその人の存在を知ったのか記憶に無いが、個性的な俳優、というイメージがある。

 

相当な読書家で、1日に2冊は読んでいたとか。部屋の写真が載っていた。部屋中に高く無造作に積み上げられた本、本、本。まさに本の山の中に住んでいるよう。

 

 

陳さんが言っていた言葉が胸にドスンときた。

 

 

『金がなくても、本を読めばどこへでも行ける』

内藤陳

 

本の中に入り込めば、しばしの淋しさや不安を忘れる。

それはいっときのことで、現実に戻れば、またいつものつまらないことで、一喜一憂する弱い自分と向き合わなければならない。

 

それでも、本の中ではどこへでも行けるのだ。

自由になれるのだ。

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。 ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓


にほんブログ村


にほんブログ村

ノイローゼになったマンションの話ー腑に落ちた④

その日の夜、

ニュースの天気予報では、夜中に雨風が強くなり明日は荒れると報じていた。え〜〜!、と声を上げたのはわたし。翌日は娘の卒業式であった。

 

"やっぱりね"

 

娘はほぼ自虐的な笑みを浮かべながら呟いた。小さい頃から、遠足や運動会など、いつも雨が降る。うちの母は、娘を「雨オンナ」と決めつけ、毎度行事のたびに、雨が降ると、『また雨だったねえ』と笑いながら言う。

それがなんだか腹立たしくて、行事の話しを母にはあまりしなくなった。

 

卒業式は履きなれないパンプスを履いていくし、着慣れないスーツで行くし、雨はほんと勘弁だったけど、天気だけはどうしようもない。まあ夜中荒れてくれて、明日は晴れたらいいのにね、とか言い合って布団に入った。

 

 

ひゅ〜〜ひゅ〜〜ひゅ〜〜〜!

 

 

明け方だろうか、

すんごい風の音で目が覚めた。

 

『これは、今日は荒れるだろうな・・』なんて思っていた。その時、

 

その後に、例の音が鳴り出した。

 

 

また風が強く吹いた。

びゅ〜〜びゅ〜〜!

 

大風の音の後に、

例の音が鳴る・・・

 

 

娘も音で起きたようだ。

 

「音鳴ってるね」

 

 

 

「ねえ、もしかして、この音は、風のせいじゃないか❓‼️」

 

また、風が強く吹いた。

 

その後に、例の音が鳴る。

 

 

確信した。

 

わたしを悩ませた、この音は、

風と関係がある。

 

いわゆる"風切り音"では無い。そんな音では無い。

 

 

でも、

思い返すと、音の鳴る日は風で洗濯物が激しく揺れていたように思う。薄っすら、風と関係あるのかな?と思ったこともあったけど、なぜ風が吹いて音が鳴るのさ、と思い直していた。

 

もう朝の4時半になっていた。

風はびゅ〜〜びゅ〜〜吹いていたし、例の音も鳴り響いていたけど、

わたしの心は、スッキリしていた。

 

今まで、原因がわからず、

得体の知れないものに怯えていたけれど、

 

原因は分かった、とりあえず。

 

化け物の正体は、「風」だったのだ。

 

これが、スッとわたしの胸の中の腑に落ちて、

ほんとうにスッキリしたの。

 

これで、解決の糸口が見つかったように思った。

 

まあこれも甘い考えであったことは、後々分かるのだけど。

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 最後まで、お読みいただきありがとうございます。 ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓


にほんブログ村


にほんブログ村

半分、青い、うっとおしいのはどっち?

www.nhk.or.jp

 

先週から、律と清、鈴愛と正人の4角関係?の恋愛、19歳青春真っ只中だね、とほのぼのと観てた・・・・

 

 

わけない・・・

 

 

わたし、多分、鈴愛のキャラがどうしても好きになれないのだわ。

 

正人くんに振られたときも、周りのみんなを巻き込んで、大騒ぎ。仕事場までも涙を吸い取るメガネ?マスク?だかをはめて、ずっと泣きながら漫画描くって・・仕事中だよ。周りのみんなも同情して、鈴愛ちゃん大丈夫?みたいなノリ。ほんと疲れる。挙げ句、律に会いたい、ときた。もう"好き"なんじゃん。

 

正人くんも律と鈴愛の微妙な関係に気付いたからこそ、自分から離れたんだし。

 

たから、

清ちゃんが、

鈴愛とふくろう会に嫉妬する気持ち。

誕生日に恋人がいることを知ってる男友達のマンションに行って、例の笛で外から呼ぶ、なあああんて無神経なことされたら、カチンとくるの分かる。

さすがに、言うことややる事はかなりキツイ清だけど、女として自分の方が圧倒的に上だと思ってるのに、なんであんたがいるんだよ!って気持ち、苛立ち。

 

 

とうとう、「律はわたしのものだ」と本心を言っちゃった鈴愛。清はそのセリフが聞きたかったんじゃない?いつまでも付かず離れず"幼なじみ"というぬるま湯みたいな関係が一番うっとおしいもんだ。はっきりしようじゃないの、律がどっちを大事にしたいか、を。

 

結局、律は清を選んだ。19歳の男子はそうするわな。(まあすぐに清とは別れるだろうけど)

 

ツイッターとかでは、律を責めるコメントが多かったけど、まあ律も優しすぎるからね。

 

いくら哀しい律とのお別れ、でも、

鈴愛にちっとも感情移入出来ないのです。

 

だって、

たぶん、少ししたら元気になって、「おもかげ」で大食いしてるだろうし。

 

正人くん、もう出ないのかしら。

 

先のあらすじを読んでしまった・・・ああ、やっぱりそうなるのね。

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。 ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓


にほんブログ村


にほんブログ村