すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

おっさんずラブ、いいよなあこんな職場

リアルタイムでは観ていなかった「おっさんずラブ」。いろんなところで取り上げられて、面白い面白いと評判が高かった。なのに録画もしていなかったので、残念だなあ、と思ってたんだけど。

 

再放送始まってます!

 

いま、4話まで一気に観ました。

 

おもしろいです!

 

声出して笑ったドラマなんて久しぶりだわ。何より田中圭ってこんなに出来る俳優さんだったんだ。今までわりにクールな2枚目の脇役が多かったような。わたしはこの人と、小出恵介の区別が出来なかった(あの事件以来はっきり識別出来るようになったけど)。

 

春田に対して黒澤部長の熱い視線、わかりやすい態度により、ええ〜〜まさかね、と、まさに春田の心の声と同じ思いで話は進む。

やっぱりの部長の告白にとどまらず、最後の牧くんの風呂場でのキス・・・

 

え〜〜〜〜!っと、一緒に観ていた娘と声出た。1話目から濃いです。

 

どんだけ展開早いのよ。正直タイトルからおとこ同士の恋愛だろうとは分かってたけど、あんなにピュアな恋愛だったら、おっさんだろうと全然許す。黒澤部長の少女のような可愛さよ。

 

なんだろか、小さな営業所で恋愛感情が渦巻いてて、元カレや今カレがいて片思いの人がいて、ドロドロになりそうなのに←それが全部おとこ同士ってのがまたいいのよ、みんな大人でいい人なもんだから全然嫌な雰囲気にならないの。

 

 

春田もお人好しで、優しいからはっきり言えなくて鈍感で、だけども魅力的だよね。彼女いないのが不思議なくらい。

 

牧くんも可愛いけど、わたしはやっぱり黒澤部長を応援したい。まあ無理だろうけど(笑)。春田と部長が屋上手作り弁当ランチ中、牧くん乱入で、春田の好きなところやきらいなところを10個言い合いするシーン、だいすき。春田の好きなところを10個思いつかない部長がいいよ!

 

この営業所いいなあ。こんな職場で働きたい。だって部長はほんらいは男気のある理想の上司だし、春田は優しいし、牧くんは仕事の出来る若手だし、マロはマロでまああんな奴一人はいるよね。あ、武川主任忘れてた。

 

面白いドラマって、ストーリーはもちろんだけど、人間関係が良くて、自分もあの中に入りたい、と思わせるような雰囲気があるのが好きだ。ワキが固まってるってやつ。

 

続きが早く観たいのに、今週放送無かったのよ。ゴルフのせい?録画し忘れてたのかな。

 

今期のドラマをあまり観ていないので、唯一の楽しみになっております。

 

 

 

 

 

 

 

関ジャニ∞コンサート GR8EST京セラドーム

去る25日、約一年ぶりとなる関ジャニコンサートに行って来ました。旦那とね(^ν^)

 

 

23日は、台風のために急遽中止になるというハプニングもあり、この日のためにと楽しみにしていた人達もたくさんいたであろうに・・・

 

亮ちゃんも、「ほんま台風のクソ野郎のせいで!」って。ほんとにその通り。23日のかわりに何か出来ることをいま考えている、とも話していた。きっと彼らは何かやってくれるはず(たぶん)。

 

 

パニックの持病のあるわたしは、身動きの取れない場所と大音量が苦手。コンサートはまさにそれ。座席が真ん中の方で、人と人に挟まれるととたんに不安になる。

始まる前に頓服を飲み、耳栓を用意して、会場入りした(そこまでして行くなって)。

 

転売防止のため、スマホのメールから会員ページへログインし、QRコードを画面に表示して、それを入り口で見せて、その時に発券され、初めて席が分かる、という(ある種残酷な)システム。

 

ドキドキしながら、発券。

 

今年は、スタンド1階真ん中よりちょい上の通路の端でした。まあ天井席を経験しているので、まだ良いほう。会場全体を見渡せるしモニターもそんなに遠くない。でもメンバーを近くで見ることは最後まで無かった。

 

 

いつも時間に正確で、開演5時だと、ほんとに5時きっちりにモニターに映像が流されて始まる、という流れなんだけど、今回は5分ほど遅れた。たった5分されど5分なのよ。

 

 

『応答セヨ』で始まった。

 

どうしても、すばるを探してしまう。絶対いないのに。

 

一曲歌って、亮ちゃんが喋りだした。珍しい。すばるの脱退のことも話していた。触れないよね、と思ってたから、正直な彼らの姿にジーン。最初8人だったはずやのに、とも(笑)。

 

わりと長く喋るから、旦那も、「一曲目終わったとこやのによう喋るなあ」とつぶやいてました。まだみんなあったまってないからねえ。

 

あと今回、わたしは安田くんばかり探してた。ただただ心配で。しんどくないかな、とか、あんまり無理しないで、とか。立って演奏して歌う、ってそれは過酷でしょ。

 

前半は、バンド形式の歌をひたすら演奏して歌う。ヤスくん踊れないからだろうけど、相変わらず丸ちゃんのベースがカッコ良かった。LIFEは良かったなあ。メインヴォーカルは亮ちゃんになるのかな。

 

「わたし鏡」は懐かしくて聴き入った。家帰ってからCD出してきてまた聴いている。

 

途中、MCのとき、ヤスだけは中に入った。やはり立ちっぱなしはキツイから休憩はさむのかな。また心配だった〜〜。

 

 

6人の関ジャニ

 

 

これは、わたしひとりの、独りよがりな勝手な意見なので、聞き流して頂きたいのですが。

 

6人の関ジャニを見て、初めて安心した、というのが印象。

 

わたしは、ずっとすばるのファンで、すばるの声も好きだけど、彼の不安定なところとか、常に彼がいまどんな状態か気になって心配で、目が離せなかった。そういうところも含めて好きだった。

 

テレビでも、コンサートでも、

MCの時は自分から喋らないし、いつも村上くんが気を使って、すばるは?とか話をふってくれたり。

亮ちゃんとは、いっとき"気まずいコンビ"とか言われて、お互い人見知りだし似た者同士だからか、なんだか見ている方もハラハラした。

 

すばるはもともと関ジャニでは浮いていた存在なのかな、と。誤解しないでほしい。メンバー内で嫌われていた、とかではない。アイドルで出発したけれど、いつしかひとり違うレールに乗ってしまったのかな、と。

だから、見ているほうが不安になるように感じたのかも(あくまでも私だけの感覚です)。

乗っている電車がひとり違うのだから、もう目的地も違ってくるはずだよね。

 

今回、6人の関ジャニを見て、わたしは初めて、まとまったアイドルの彼らを見た。6人が同じ方向を見ている。

すばるだけは、いつもひとり違う方向を見ていたように思うのだ。

 

だから、これでいい。

 

歌に関しては、すばるの抜けた穴は正直大きい。でも、人間は慣れる生き物だから。きっと慣れてしまうだろう。

 

 

最後のひとりひとりのMCで、

大倉くんは、すばるの脱退に対して、いまだに釈然としない部分もある、と話した。これも正直な彼の気持ちだよなあ。でも大人の男が選んだ人生なので背中を押すしかなかった、とも話していた。

 

ずっと変わらないものなんて無い。「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」なのだ。

 

この先もまた変わっていく彼らを見続けていくことに決めた。

そして願わくば、すばるがまた歌う場を見つけられますように。

 

楽しい時間をありがとう。

 

久々に熱闘甲子園

今年は暑かった。

 

いや、まだまだ暑い日が続いている。

 

こんな暑い夏の日に、真っ黒に日焼けした高校球児をテレビでみるなんて、よけい暑なるやん、とか言っていた自分を殴りたい、です。

 

今年は第100回となる記念の大会。平成最後の大会でもある。

 

朝日放送では、スペシャルナビゲーターに嵐の相葉くんが選ばれたり、NHKでは福山雅治の歌も良かったし(聴けば聴くほどいい!)。とにかく始まる前から盛り上げていたっけ。

 

レジェンド始球式では、懐かしの高校球児がいっぱい出てきてまた感動。

坂本さん、牛島さん、金村さん。

松井に桑田。あああ、懐かしい。

 

わたしが中学生の頃から高校球児がアイドルなみに扱われるようになったと思う。セブンティーンとか雑誌にも載ってたし。

 

池田高校の水野や、PL学園の桑田、清原。横浜高校や沖縄の興南高校、思い出せないほど人気の高校がいっぱいあったなあ。

 

高校生になって、友達同士で甲子園まで見に行くようになった。初めて甲子園のマウンドを見た感動は今も忘れてない。"かちわり氷"食べたし、プール行くより甲子園焼けしたっけ。

 

ミーハーなわたしは、同じく高校野球好きの友達と、PL学園の学校まで見に行ったんだった。おんなじような女子校生がいっぱい見学してたな〜〜。恥ずかしの青春だったな。

 

そんな高校野球好きの私だったのに、ここ最近はほとんど興味無かった。ただただ暑い夏に暑そうな野球を見るのが辛かったから。あ、でもハンカチ王子の時は嬉々としてかじりついていたっけ。

 

そして今年の大会。

 

こんなに劇的な試合が多かったのも珍しいような気がする。

星陵と済美のサヨナラ満塁ホームラン。

金足農と近江のサヨナラ2ランスクイズ

金足農の校歌斉唱も、好感度高かった。

 

でも、

北大阪大会予選の大阪桐蔭と大阪学院大の23対2の試合も凄かったのだ。何が凄いって、ただただ大阪桐蔭の強さが異常だったから。選りすぐりの精兵たちで出来た大阪桐蔭だもん。

 

大阪桐蔭の優勝で幕を閉じた甲子園だけれど、勝って当然、だと言われて、本当に勝ち続けることがいかに難しくて苦しいことかは、大阪桐蔭の主将の涙がすべて語ってくれているだろう。

 

あああ、今年は全試合見るべきだった!

もう一回初めから見たい!

そんな後悔を引きずって、今年の夏は終わりそう。とりあえず今晩の「熱闘甲子園」は観る。必ず観ます。

 

 

 

 

 

 

認知症の検査

レントゲンではボーダーラインだった母。一度きちんと認知症のテストをしましょう、となり、行ってきました。

 

わたしも、初めての検査だったので(当たり前か)興味津々。父の時はそういう検査はしなかったし、させてくれなかったから。

 

近所の人情報によると、認知症のテストにも、いろんなやり方というか方式があるようで。

母のは、

まず、今日の日付、生年月日、住所や、生まれ故郷など本人の基本情報を聞かれる。

そこから、だんだん難しくなって、いかにも認知を試されてるんだな、という内容でこっちまで緊張してくる。

 

先生曰く、

正しいことを答えるテストじゃないから安心して下さい、と。物忘れや認知のいまの状態が病気か病気じゃないかを判断するテストなので、間違ってたり言えなくても全然大丈夫ですからね、と、まず、母の緊張をほぐしてくださった。

 

やはり緊張していたら、分かることも答えられないからね。

 

テストが進むにつれて、

意外にも正解率の高い母。計算もあったんだけど、合ってたり。あれは私でも間違えるかも、なんて。

 

あっという間にテストは終わった。

 

 

先生は、

認知症の入り口には入りかけてます、とおっしゃった。

これ以上進まないように、お薬をちゃんと飲んで様子みていきましょう、と、なりました。

 

父の頃よりは、いい薬が出たのかも。父の時(3年前くらい)は、薬を飲んでいたけれど、進行は止められなかったから。

 

ひと月後にもう一度テストをして、どれだけ効果があるかみてみます、だって。そんなに即効性あるのだろうか。

 

しかし、

薬に抵抗がありすぎる母。早くも、また薬飲むのか、と嫌がっていたから。

この薬だけはちゃんと飲んで欲しい。

なぜなら、この先母の面倒を看るのは私なんだよ。

 

しかし、最近ちょっと思うのだ。

母は、精神疾患もあるし、認知症も出てきたけど、からだは丈夫なのだ。足腰も丈夫だし健康診断もいつも二重丸。身内が病気でウンウン苦しむ姿をみるのも、辛いことだなあ、と。

 

まあ元気な認知症がいちばん大変じゃないか、とも思うけど。

 

わたしも、元気にならなくちゃ。自分が元気じゃないと人の世話も出来ない。

 

CT検査

認知症の症状が顕著にあらわれてきた母。

 

一度、きちんと調べてもらおうと、母のかかりつけの医院に(母には内緒で)相談に行ってきた。

 

母はもう20年以上神経症を患っている。母曰く、更年期から不眠症になり体調を崩しておかしくなった、らしいが、そうなんだろうか。一時期は、強迫神経症が酷くて。

私たち姉妹の結婚や出産と重なって、母もしんどかったんだろう。寂しかったんだろう。

そこにきて、父の認知症の発症、圧迫骨折による寝たきり、などなど、まあ親が歳取ったらいろいろあるんだなあ、と大変な時期だった。

 

 

いまのかかりつけの医院は、心療内科ではない。専門は脳外科だが、内科も整形もやっている個人病院。ドクターショッピングしまくった挙句、落ち着いた医院は、ただ単に家から一番近いという理由だけのことだ。いっ時は、外出もままならなかった母だから、家から徒歩2分を選ぶのは分かる。

 

母をなんとかごまかして、一度脳の検査しようか、と先生もうまく話してくれて、CT検査をすることに成功した。検査嫌いでゴネるのではないか、と心配していたが、ホッとした。

 

結果は、

やはり多少の脳の萎縮はあるようだ。ただ、先生の感じから、そんなに早急な様態では無さそうだった。

とりあえず、来週、「物忘れ検査」をしてから、薬を処方しましょう、となった。

 

母は、物忘れ検査なんてなんで?と聞いてきたが、

まあ歳相応に物忘れもあるから念のために検査してもらおう、と話した。

 

このまますんなり薬を飲む、という流れにいってくれたらいいんだけど。

 

なにせ、薬嫌いで、何か悪い症状が出てきたら全部薬のせいにして、勝手に飲むのをやめてしまう人だから。それでよけいこじらせて、悪化していったのだから。

 

母と会うと、帰りの電車で爆睡してしまうくらい疲れる。昔からまともな会話にならなかったし、この人は私のことを絶対に理解してくれない、と諦めてから、話しをする気にならない。何を話していいか分からないし、会話が続かない。

たまに、街で楽しそうに買い物している年配の母娘を見かけるが、本当に羨ましい。

 

娘とはそういう関係でいたい、と切に願う。娘の1番の味方になってあげなきゃ、と思っている。だって、この世の中、自分以外に自分のことを分かってくれるのって、母親くらいじゃないの?と考えるわたしはかなり甘いんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

ひどくならないことを祈る・・・

最近のわたし。

 

安定剤を1錠に増やしてからちょっとずつ安定してきている。

 

時折くる不安感や憂鬱感、焦燥感。これに怯えながらの時間がだんだん少なくなってきている。心療内科の先生も言っていたっけ。

『いま出てきている不快な症状が、気がついたらいつのまにか無くなっている、そんな感じですよ・・・』と。

 

でも、

でも、

 

それでも、

 

不安なんです。

 

「このままじゃいけない」

「楽をしたらバチが当たる」

「外で働いていない自分には価値が無い」

「将来、どうなるんだろう」

 

家でゆっくりしている自分が、自分で許せない。

 

 

結局のところ、

外で働いている自分がいちばん好きなのかもなあ・・・自分が。

 

何か、自分がもう一度打ち込めるものを見つけるしかないんだろうな。

 

もう見つけているんだけど(どないやねん)。

 

最近、テレビをあまり観なくなった。資格の勉強もあるからなんだけど、なあんだかテレビ自体が面白くなくってね。ドラマは観ているけど、書くほどでもないっていう・・・

このブログの趣旨が変わってきている。

ネガティブな自分を明るく書いていきたいんだけど、ほんとに落ちている時は自虐的にも書けないもんだなあ。

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。 ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓


にほんブログ村


にほんブログ村

ノイローゼになったマンションの話⑥終わりと始まり

地震とか母のことで置き去りになったままのマンションの話の続き、です。

 

 

 

 

管理人や管理会社から納得のいく説明もなく、そのまま「無かった話」になっていった頃。

 

わたしはかなり病んでいた。

 

音過敏症?という症状、というか病気?みたいな感じになり、1日中あらゆる音に過敏になっていった。

いま、鳴ってる?鳴ってるよね??鳴ってない?などと娘に確認したり、普段ならなんでもないようなちいさ〜〜な音にも敏感に反応したり。元々音とか匂いには敏感なのに余計ひどくなった。

 

 

ああ、わたしはこのままオカシクなるのだろうか・・・

 

 

怖かった。

ひたすら怖かった。

 

 

ネットで、同じような悩みを持つ人なんかを調べまくった。

でも結局、

「音に慣れるしかない」という実に当たり前で真っ当な解決法しか無いことに気付いてきた。

 

この辺りから、自分の考え方にも変化が出てきた。

もし、この"音"が、例えば上階や下階や隣の人が出す人的な音であったなら、おそらく私の悩みはもっと深くて複雑になっていたかもしれない。

まあ人的であれば、音が響いていることを話して解決に至るというラッキーもあるかもしれない。相手にもよるが。

 

でも、この「気にしい」の性格である私が、苦情(になるよね)を話しに行けるのか。引越したばっかりでどんな人が住んでるかも分からないのだから。何せ騒音問題は実にデリケートな問題なのだ。音の聞こえ方なんて千差万別。同じ音でも、平気な人もいれば、耐えられない人もいるんだから。

 

 

 

 

 

そして、いまのわたし。

 

 

"音"は全く気にならなくなっております。あ、全く、というとちょっと違うかも。さほど、ですかね。

 

ちょうど、何か急ぎの仕事をしていて、ばたばたしていて。音どころじゃない時があって。『ああ、いま音鳴ってるよなあ』とか思いながら仕事してたら、なんだかどうでもいいような気になってしまったの。実に不思議・・・

 

風が吹けば相変わらず音は聞こえていますが、

ああ、また鳴ってるな、くらいな感じにまでになりました。

 

 

音に慣れた、のもあるんだと思います。先にも書いたけれど、人が出している音なら許せないけれど、自然が発していてどうしようもない音なら仕方ないのかな、と本心からそう納得出来たんだと思います。

 

人間なんて案外単純なのかもなあ。(わたしが、かも)

 

あんなに、耐えられない耐えられない、と大騒ぎしていたのにね。自分でも信じられないくらいです。

 

 

まあ、

そこから地震があって、それどころじゃなくなったのですが。

 

 

そのあと、あの"音"はどうやら他の住人たちも聞いていたみたいで、何やら動きはあるみたいですが、どうなるやら。

 

解決の兆しはあるのでしょうかね。

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。 ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓


にほんブログ村


にほんブログ村