すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

久々のIKEA

いろいろ部屋をプチリフォームしております。

 

前の住人さんもDIYが好きだったようで、IKEAで買っては、棚を付けたり、床のクッションフロアを変えたり、ライトを変えたり、自分好みにしていたよう。

 

ただ、わたしの趣味とは全く合わないので、全部外して、やり変えようかと模索しています。

 

賃貸物件では、入居前に壁も畳も水回りも全部綺麗にしてくれているからいいのだけど、分譲は、自分たちでやらなければいけないので、自由に出来る分、費用もかかるわけで。

 

でも、あれやこれやと、ショップ回って改造出来るのって楽しいです。

 

何年か振りで、IKEAに行ってきました。

 

神戸IKEAには初めて行ったかも。

混んでるイメージしか無かったけど、平日のせいなのか、すごく空いてて見やすかった。

レストランも席取り放題で、ゆったり出来ました。

土日は混むのかな。

 

台所のライトを変えてみました。娘と二人でなんとか取り付け出来ました。すごく気に入っています。ライトもいろいろ変えてみようかな。

 

まあ基本的にセンスが無いから、人様に見せられるような部屋にはならんでしょうねぇ。

自分がくつろげる空間が一番ですね。

 

 

広告を非表示にする

安定剤とのつきあい

引っ越し前から、体調が最悪になりまして・・・

 

環境が変わる、ということは、自分にとってはとてもハードルの高いこと。

 

でも、いつまでも賃貸の家賃の高いマンションに住んでいるのもどうなのか。

旦那の定年後も家賃を払い続けていくことへの不安。

 

今の自分たちの貯蓄で、果たしてマンションを買ってローンを払い続けていけるのか。

そもそも定年まで10年?15年?いつまで働けるかも分からない。

 

迷いに迷い、旦那とも話し合い、

でも、やはり、買おう‼︎と決めたのです。

 

現実は甘くはなかったけどね。

 

自分たちの住みたい沿線で、駅から10分以内、築20年以内、3LDK。

不動産屋の担当者は、

その条件で、我々の予算を言うと、厳しいですね、のひと言。

そらそーだ。

 

厳しい、というより、

そんな物件あるかい!て言いたかっただろね。

 

何軒か内覧も回ったけど、

築45年とか、47年とか、

中はたしかに綺麗にリフォームされてはいるが、そこかしこに、年代を感じる。

 

マンションて果たして築何年まで住めるものなの?担当者によると、マンションの管理次第らしい。きちんと管理されているマンションは、いい物件なんだと。

 

我々の出せる予算では希望に合うマンションは無いんだな、と諦めかけていて、

このさい沿線を変えて探そうかと考えていた。

 

そんな時、

今のマンションを紹介された。

 

そこは、

一番最初に内覧をしたマンションの別の部屋。

駅から5分で築30年、部屋は悪くは無かったが、何せ最初に見る物件だけに、すぐ決めることは出来なかった。結局そこは別の人にすぐ決まったと後から聞いた。

 

ほかのマンションを見たり検索したりしていて、思ったのは、

最初に見たマンションて、意外に掘り出しものだったんじゃないかな、てこと。

 

そんな時に、

そのマンションの別の部屋が売りに出されてますよ、とのひと言に、わたしは思わず「見たいです!」と叫んでた。

 

マンション探しをしていて、初めて自分から見たい!と思った部屋だった。

 

ここからは、早かった。

 

部屋は、まだ住人の方が住んでいたので、荷物もそのままの状態の部屋を内覧。これは初めての経験。細部まで見れないし、押入れとかも開けられないし、遠慮しながらの内覧。でも、まあ部屋は特に問題は無かった。

 

旦那にも急遽、週末帰ってきてもらって、また見に行って、また話し合って、

値段交渉して、少しでも下がれば買おう、と決めた。

 

値段は、思うより下がらなかったけど、誠意を見せてくれたので、こちらも気持ちよく、では決めます!と返事。

 

これで、契約へと入っていったのです。

 

 

まあ、

ここから、想定外のことがいろいろあって、書きたいこともいっぱいいっぱいあるのですが、

今となればもう過去のこと。

 

これでいい、今のところで落ち着く、と腹をくくって、早く慣れていけるようにと、今は思っています。

 

安定剤をまた再開して、

生活が落ちつくまでは、薬に頼って、

ゆっくりと馴染んでいきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引っ越ししました

とても久しぶりの更新になりました。

 

先月半ばに引っ越しをしまして、ようやく、生活が出来るレベルくらいには落ち着きました。

 

結婚してから、4回目の引っ越し。

 

慣れていると勝手に思っていたけれど、

今回の引っ越しは、

年齢もあるのか、体力や気力も落ちていたのか、何より、精神的に落ちていて、ものすごくしんどかった〜〜。

 

もう2度と引っ越しは嫌ですね。

 

今回の引っ越しは、転勤ではなくて(そもそも旦那は単身赴任中だし)、娘の進学に合わせて、通学しやすい沿線にマンションを購入したのです。

そう、借りた、のでは無く、買った、のです。

 

いろいろ迷いや考えがあって、購入までも長い道のりだったような、あっという間にだったような、気がします。

 

人生2度目のマンション購入、

最初買ったのは新築だったけど、

今回は、狭いし古いし、理想の新居生活とは程遠いけど、

今の自分たちに合った、身の丈に合った住居なんだな、と満足しております。

 

荷物もかなり捨てました。

 

婚礼タンスが新居に入らないというまさかのハプニングがあり、大型ゴミいきになりました。

 

これで、吹っ切れました。

もうひとつのタンスも近々捨てる予定です。

 

まだまだ、リフォームしなきゃいけないところもあったりで、落ちついておりません。

 

ぼちぼちやっていきます。

 

 

広告を非表示にする

美容院に行ってちょっと落ちた話し

久しぶりの更新になりました。バタバタしてるようでダラダラしたり、やらなきゃいけないことは山積みなんだけど。また最近体調にムラがあります。

 

 

今日4ヶ月ぶりに美容院に行ってきた。

 

とにかく美容院が苦手(以前書いたことあったかな)。わたしは美容院を選ぶ時、技術力もあるけど、自分との相性を重視しています。これは、病院選びにも共通している点かも。人見知り対人恐怖の自分にとって、美容院という場はかなりハードルが高い場所。

 

知らない人に髪を触られる。かなり接近して接客される。鏡ごしに喋らないといけない。美容師という職業の人に萎縮してしまう。

 

50年近く生きていて、何軒も美容院を渡り歩いてきたけど、まだ一軒たりとも自分と気の合う美容師に巡り会えておりません。

 

なんだろな〜〜。

 

中学の頃は近所の美容院にいってた。そこはオーナー美容師がいて(皆んなから"先生"と呼ばれてた)、あとはオバちゃん(多分30くらい)美容師2人。この2人が強烈で女芸人の掛け合いを見ているような接客だった。面白かったけど、後にこの片割れがオーナーとできてしまい妊婦姿でお店にいたことは近所の噂になっていた。

 

その他、

居酒屋かよ、と思うくらい、お店に入った瞬間「いらっしゃいませ‼️」と威勢良く挨拶してきた美容師もいたな。

 

私は美容師と話していても、なぜか"聞き役"に回ることが多くて、やたら自慢話を聞かされてヘトヘトになったこともあり。この人は聞いてもらえて気分良くなったのか、めちゃくちゃ丁寧にセットしてくれたな。でも二度と行ってない。

 

今日行ったお店は、基本店主ひとり体制のこじんまりとした美容院。小洒落た広い店内に何人も派手な美容師がいるお店は苦手。だからこの店はまあ気に入っている。店主もベラベラ喋らないけど、こっちの話しはキチンと聞いてくれて穏やかな感じ。慣れることもないけど何回も行ってるからそこそこ気に入ってるのかな。

 

予約の時間に店に入ると、前のお客さんを接客中だった。このお店は、待ち合い室とカットする場所に壁があり、中が見えない。店主とお客さんの話し声が聞こえる。

 

いつもはこっちから話しかけないとあまり喋らない店主の大きい笑い声が響いている。

 

お客さんは女性のようで、店主の奥さんの話や前の職場の悲惨な話や、店主の愚痴なんかも交え、盛り上がっている。店主を"○○さん"と名前で呼んでいたからかなりの常連さんかな。

何よりあんなに笑う店主の声を初めて聞いたし。

 

『やたら盛り上がってるやん・・・』心の中で呟く。と、同時に、なんだかいや〜〜な気分になってきた。

 

いま、こんなに盛り上がってる後に自分が入るっていう、いわれのないプレッシャーを感じる。←全く自分の思い込みだけどさ。

 

自分はこんなに盛り上がれないですみません、とか思っちゃったりして。

 

そして前の客は帰り、自分の番になった。

 

店主はいつものように自分から話しかけることも無く、黙々と髪を切る。

私は私で、いつもは頑張って話しかけてその場の気まずさを感じさせないようにするんだけど、今日はそんな気遣いや〜〜めた、とばかりに雑誌に集中した。

 

そして、お店を出た後、

もう来ないかな、と思う自分。ほんとに自意識過剰で損する性格だな〜〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花子とアン、思ってることは・・・

はなは女学校を出てもずっと東京にいるもんだと思ってました。せっかく女学校出て英語もペラペラなのに勿体ないなあって。まさか田舎の小学校の教師になるとはね。

 

しかも、蓮子さまの結婚により親友だった2人が疎遠になってしまうなんて。

 

今週は、妹のももの好きな人が幼馴染の朝市と知り、なんとか2人を引っ付けようとするはな。しかし、朝市の心の中にははながいる、と知ったももは、黙って北海道に嫁ぐ決意をする。

 

そんなももに対して、はなが言う。

 

「心に思っていることを伝えないのは、思ってないことと同じことだよ」

 

確かになあ。

 

でもこれは、自分が普段からやってしまうことの1つかも。思ってても口に出すのが恥ずかしい、とか照れ臭い、とかあって、言わない。言えない。関係が近いほど言えなくなるんだよね。

 

"ありがとう"  の言葉は、まさにそれだ。

 

旦那や子供や義理両親には言えても、自分の親にはなかなか言えないんだよ、わたしは。

 

 

口に出さなければ思ってないことと同じ

 

 

ちゃんと言わなきゃね。

 

 

 

戦後重大事件の新事実、これほど悲惨な事故だったとは

「戦後重大事件の新事実、2017、事件発生から◯年、JR福知山線脱線事故
〜22時間の救出劇〜

 


「まけてくれへんか」


伊丹駅で72mのオーバーランをしていた。運転士は車掌に、見逃してくれないか、という意味の会話を交わしている。

 

車内では、1分20秒の遅れを詫びるアナウンス。運転士はプレッシャーを感じていた。この時、車掌はオーバーランを"8m"と虚偽の報告をしていることが後に分かる。

 

異常に早いスピードで走る電車。ダイヤの遅れを取り戻そうとスピードを上げる運転士。日勤教育という厳しい指導を避けたかったのか。


カーブで曲がりきれず、脱線してマンションに激突した。

車内の様子をCG映像でリアルに再現していたのが、余計怖さを増した。


朝、いつもの通勤通学風景。何らいつもと変わらない。まさかこの後大惨事が待っていようとは、誰も想像つかない。


一両目に乗っていた人。気がつくと車内は真っ暗で人が折り重なっていた。
「なんでこんなに暗いんだ?」
一両目の車体は、マンションの駐車場に入り込んでいた。


二両目に乗っていた人。人が折り重なっていて、一目見て息をしていないと分かる人もたくさんいた。二両目は激突したマンションに巻きつくようにへしゃげていた。この中にいて生存しているほうが奇跡なほどだ。


「行ってきます」と言って、帰ってこない人がいる。


一両目に乗っていた人。衝突の衝撃で壁が出来、中に何人もの人が閉じ込められるかたちになった。その中にいた18歳の男性。いつまで待っても救助が来ない。諦めかけたその時、他の男性が意識を取り戻していた。携帯はないか?との問いに、見知らぬ人のカバンから携帯を探す、あった。その携帯で父に電話、ようやくまだ生存していることを知らせられた。事故発生から18時間後だった。助けられた瞬間、外に出られてから記憶はない。気づいたらICUだった。18歳だった男性はいまだに杖を手放せない。302日間の壮絶なリハビリの歴史があった。

 

 

この事故は、はっきり覚えている。

 

確か、姉が帰省していて、帰る日に起きた事故だった。JRで大きい事故があって電車が遅れている、と姉の旦那から連絡があったのだ。

 

何かな、とテレビをつけたら、あの映像だった。あの時から何日も何日もあの映像をニュースで見た。

マンションに電車が入り込むように巻きついて倒れている映像。

 

車の事故はあるだろうけど、電車が脱線する事故ってそうそうあるもんじゃない。犠牲者の中には、車は危ないから電車で行く、と言って事故にあった人もいる、と聞いた。

 

当時は、日勤教育という指導も問題になった。そういうプレッシャーさえ無ければ、あんな無茶な運転をすることは無かっただろうし。

 

亡くなった人も怪我をされた人も、本人はもちろん、親兄弟周囲の人達、みんなが、あの事故で、人生が変わった、変えられた。

ニュースでは報道されない悲惨なこと、もっとあるんだろうな。こういう大きい事故の後って、誰が悪い、と責任の押し付け合いが必ずあるけど、当事者の気持ちを想像してみたらそんな発想は出来ないはず。

 

事故を起こした運転士。

あの時、傾いていく車内から彼が最後に見た景色はなんだったんだろう・・・・悲しいな

 

 

 

ベストアーティスト2017、一番良かったのは

日テレ系音楽の祭典、ベストアーティスト2017

 

4時間だったから観ながら録画して、あとで、も一回観直した、という。ヒマですね。

 

 

ざ〜〜っと、感想。

 

オープニングは、三浦大知。掴みはオッケーだったね。観る気無かったのに、最初からずっと観てしまったから、やはり大知くん最初に持ってきたのは正解。圧巻のパフォーマンスでした。

 


ディーンフジオカ。相変わらずカッコいいけれど、この人見るたびに自信満々だな〜〜、って思う。コンプレックスとか無いだろね、そらそうだ。

 


きゃりーぱみゅぱみゅ、かわいいな。実はナカタヤスタカが好きである。パフュームに夫婦ではまってからアルバム買っては聴きまくってた。一番生活が潤ってた頃に聴いていたからか、今でも耳にすると懐かしいのと、ああ、幸せだったな〜〜ってじんわり思い出すの。今でももちろん幸せなんだけどね。

 


Hey!Say!JUMP、これも実は好き。今回、裕翔がJUMPを抜けたい、と山田涼介に対してドッキリを仕掛ける企画。山田くんのJUMP愛を試すのだそう←くっだらん。そしてこの本番でドッキリばらし。山田くんここで初めてあれはドッキリだったと気付かされ、ホットしたと同時にどんな気持ちで歌えばいいのか、と漏らしていた。歌い終わって、裕翔が山田くんに抱きつきに行ったら山田くんは、もう、とばかりに突き放す、でも肩組んでいい感じ。裕翔は、ごめんね、と笑いながら、山田涼介も苦笑い。この2人仲良いの?悪いの?そうとうショックだったんだろね。このドッキリはちょっとリアル過ぎてきついんじゃない?

 


荻野目洋子出てたね。再ブレイク?声もすごい出てたし踊れてたし細いし頑張ってたけど、なんか老いは感じたな。確か同い年だったな。

 


TAKAHIRO太った?

 


星野源、良かったな〜〜!今回一番良かった!「過保護のカホコ」の主題歌、歌詞見ながら聴いてたらジンジンきたよ、めちゃいい歌!この人の優しさとか人柄が画面から出てた!何回もリピしてしまった。

 


「こんばんは関ジャニ∞で〜〜す」てマルちゃん、星野源の真似したな。それ聞いて大倉がはははって笑ってるのがいい!今日のすばるかっこよかったね、やはり短髪の方が好き。

 


しかし、羽鳥さんが背高い足長いスタイル良すぎて、翔くんの立場が・・・・

 


オースティン、なぜブルゾンちえみと共演なの?いらなかったんじゃない、あのくだらないコントは。普通に曲聴きたかったよ。

 


平井堅の「ノンフィクション」片手に持つ花束がなんだか悲しい。歌詞がかなり意味深なんだよね。
目覚めたら襲う不安

効かないクスリ

帰れないサヨナラ

ただあなたに会いたいだけ

最初と最後のバイオリンがいいな。

 

 

ラストは、嵐。

 

今回、エグザイル系の人たちがたくさん出ていたな。もう派生しすぎて覚えられない。こういう長時間の音楽番組やり出すと、師走だなって感じる。もう12月だな。