すべてが自分にちょうどいい

メンタルが弱いので家にいてテレビばっかり。こんなんでいいのかと思いながら今日もダラダラ。お金も大事、仕事も大事、だけど、自分が楽しいことが一番。あと掃除とか関ジャニとか京都とか。

ひよっこ、なみだのお別れ

 

 かなりの展開をみせている「ひよっこ」。先週は島谷さんと涙のお別れ、そして、なんとお父さんとの再会!いろいろあり過ぎです……

 

 

島谷さんとのお別れのシーンだけは、絶対に書き留めておこう!と思ってたので。

 

 

 

バー「月時計」でおちあう二人。

 

島谷「みね子ちゃん、謝らなきゃいけないことがあるんだ・・・僕、佐賀の島谷家つまり、家族と縁を切ることになると思うんだ
みね子「えっ!


驚くみね子。


島谷「(縁談を)僕は断ろうと思う、父に手紙も書いた。だって僕の好きな人はみね子ちゃんだし、ずっと一緒に生きていたいと思っている


みね子「嬉しいです・・・ありがとうございます


お父さん、嬉しいです、嬉しいけど・・・


みね子「そしたら島谷さんのお家はどうなるんですか?
島谷「う〜〜ん・・・(沈黙)、分からない


みね子「さっき、縁を切るって言ってたけど


島谷「うん、それしかないんだ。中途半端なことは許されないんだ。それは仕方ない、自分を通すんだから・・・・だから、何も持ってない人になってしまうんだ、おれ。大学もやめる、仕事も探さなきゃ。貧乏になっちゃうかもしれないけど。ごめんね・・・でもさ、もうお金なんて無くてもさあ、自分らしく生きられれば・・・


みね子「島谷さん
島谷「ん?
みね子「まだ子供なんですね、島谷さん
島谷「へっ?

 


みね子「そんな簡単なことじゃないです。貧しくてもかまわないなんてそんなこと、知らないから言えるんです。貧しい、お金が無い、ということがどういうことなのか、分かんないから言えるんです。いいことなんて1つもありません。悲しかったり悔しかったり、寂しかったり、そんなことばっかしです。お金が無い人で、貧しくてもかまわないなんて思ってる人は、いないと思います。それでも明るくしてるのは、そうやって生きていくしかないからです。生きてくのが嫌になってしまうからです。そうやって頑張ってるだけです。わたしは貧しくてもかまわないなんて思いません。それなのに島谷さんは持ってるもの捨てるんですか?みんなが欲しいと思ってるものを自分で捨てるんですか?島谷さん、あたし、あたし、親不孝な人は嫌いです

 

 

バーに並んで座り、黙り込む二人。


お父さん、このまま時間が止まればいいのになと思いました。
どちらかが口を開けばお別れだってわかってっから・・・

 

 

何かを納得したのか少し微笑む島谷さん。
島谷「みね子ちゃん
みね子「はい
島谷「先に出るね
みね子「はい


立ち上がり出て行こうとする島谷さん。振り返り・・・


島谷「ありがとう・・・素敵な人、好きになれて良かった・・・
深い深いお辞儀、出ていく島谷。


思わず追いかけようとするみね子、だけど思いとどまる・・・


静かに泣くみね子。

 


みね子に渡すつもり(だったろう)の指輪を眺める島谷さん、そっとポケットにしまう。

 


バーの時計の針が12時を刻む。


みね子「20歳になりました


ほんとは、20歳のお祝いに島谷さんはみね子にプロポーズしようとしていたのかな・・・


何も知らない、時子登場。


激しく泣きだすみね子。時子にすがりつくみね子。

 

”さよなら”した〜〜!わたし、まだ『ありがとう』って言ってない、島谷さんに酷いことばっかり言った〜〜!!

 

 

島谷さんに縁談がある、と聞いた時点で、”お別れ”を覚悟していたみね子なんだろう。まさか島谷さんが家族より自分を選んでくれるなんて夢にも思わなかったろう。

 

大事な大事な家族と縁を切ってまで自分と一緒になると言ってくれた、その島谷さんの気持ちだけで自分はいいんだ、これでいいんだ、と思えたのかな。

 

まだ若い二人。自分を選ぶことで島谷さんは全てを失ってしまう。”貧しい”ということを知らない島谷さん。愛さえあれば、なんてみね子は無理だと分かってたのか。

 

自分たち以外を不幸にしてしまう恋愛。みね子は、そんな”苦労”を島谷さんに味わって欲しくなかった。お金なんて無くったって、と言う島谷さんと、貧しさにいいことなんて一つもない、と言い切るみね子とは、初めから無理があったのかな〜〜・・・

 

せめて島谷さんの会社がうまくいっていたら、いい嫁が来た〜〜って歓迎されただろうに。

 

みね子があまりにもいい子でいい子で、ほんとに不憫でならない。島谷さんが、それでもどんな苦労も二人で乗り越えていこう!という風にならなかったことが、ちょっと腹立たしい。無理なんだけど。無謀なんだけど。綺麗ごとや愛だけでは生きていけないけど、それでもみね子を選んで欲しかったぞ・・・

 

泣いた泣いた一週間でした。

 

島谷さんが去って、秀がいきなりみね子を呼び捨てになったから、これは何かの暗示なんでしょうか・・・

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。 ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。


にほんブログ村


にほんブログ村

 

僕たちがやりました①②、パイセン絶対すぐ捕まるやん

www.ktv.jp

 

 

今期のドラマ、続々始まってますね。ようやく録画を観れて追いついたのもあれば、まだ初回すら観ていないもの、初回観て脱落したもの……いろいろです。

 

そんな中、今のところ一番面白くて楽しみにしているドラマ。

 

「僕たちがやりました」

 

初回、矢波(ヤバ)高校の暴力描写があまりにも酷くて、他の人も書いていたけど、ゴールデンタイムでやっていいものか、というレベルだった。加藤諒てあれだけの役だったのかしら。

 

まあそれだけ憎っくき矢波高の生徒たちに復讐する、という理由づくりには必要だったのかな。今回初めて新田真剣佑を認識しました。千葉真一の息子、というくらいしか知らなかったけど、なかなか目力があっていい役者になりそう。

 

凡下(ボケ)高校に通う、”そこそこ”でいいと思って生きてきたイマドキの高校生トビオ。女好きの翔、いじめられっ子体質のマル、凡下高OBのパイセン。いつも4人でつるんで遊んでいた。

 

マルが矢波高の連中に捕まり暴行を受けたことで、矢波高校に爆弾を仕掛けて驚かせてやろう、と計画し実行した。そう、単なるイタズラで終わるはずの爆破計画。しかし、それが思わぬ大爆発になり、校舎が大破、死者も多数出た。

 

これは焦るよお・・・単なるいたずら心だったことが、思いもかけずの大事件。ニュースでは毎日報道されて、刑事も自宅にやってくる・・・初めは罪の意識の薄かった彼らも、徐々に罪の重さに耐えられなくなっていく。

 

何が面白いって、やっぱパイセンだわ。すごい金持ち、ということしか分からないナゾの人物。高校はとっくに卒業してるけど毎日のように高校に来て、トビオたちと遊ぶ。トビオたち以外に相手にしてくれる人がいない。トビオたちだって、「金持ちだけど可哀想なセンパイ」としか見ていないはず。明るくふざけているけど、心に闇を抱えている・・・?いや、いないか・・・

 

でも、これは、絶対にすぐ捕まるだろ!顔見られてるし似顔絵ソックリだし(笑)思いっきりテレビで公開されてるし。

 

シリアスのようで、すぐにコメディに変わる。落ち込んでいるかと思えば、すぐに目先の楽な方に流される。まさに”イマドキ”の子なのかな。それがまた面白い。

 

変な髪型の刑事役の三浦翔平とか、謎の男、古田新太とか。どうも古田新太あたりが怪しい、爆破事件に関わってくる?

 

どう考えてもパイセンの作った爆弾であんな風な爆破が起こる訳ないし。プロパンガスに引火した、ってニュースで言ってたけど、どうかな〜〜。絶対、第三者がいるよね。

 

しかし、パイセンは空港で確保されてしまった。翔は事件のショックから自殺?まさかね。これから真犯人探しになっていくの~~?

 

とにかく先が読めない、先が知りたい。主題歌でかかる曲も、Mrs.グリーンアップルだし(この曲の声やっぱり好きだわ)窪田くんもいいし。

 

ただ、

 

永野芽郁ってわたしはどうもなあ。来期の朝ドラヒロインだっけか。う〜〜む…

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。 ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。


にほんブログ村


にほんブログ村

久々の心療内科

2年ぶりに心療内科に行ってきた。2年前は、毎月通っていたのだが、徐々に体調が良くなっていき、薬も飲んだり飲まなかったりで余ってきていたし、次第に行かなくなった。

 

ある程度自分の体調の変化も分かっていると思っていたから、もう医者に行くことは無いだろう、なんて思っていた。まさか、また行くことになるとはね。

 

担当の女医先生とは2年ぶりの再会である(当然だ)。最近久しぶりに会う人が苦手だ。老けたな〜〜って思われたら嫌だから…自分の老いに気付かれるのが怖い。

 

予約していったが、20分ほど待たされた。相変わらずだ。いつも思うが、待合室にいる人達を見てこの人達はどこが悪いのだろう、と思う。心療内科なのだから、ココロの病なのだろうが、外見だけではどこも悪いようには見えない。まあ私も周りから見たらそう見えるのだろうけど。

 

名前を呼ばれて診察室に入った。久々の女医は私をチラと見て開口一番「痩せはりましたか?」    このセリフ、若い頃は嬉しかった。しかし日々老いを感じる更年期敏感女には、とても褒め言葉には聞こえない(そもそも褒めてないか)。

 

痩せた=老けた?の図式が頭の中に浮かび上がる。リンパマッサージを始めてからスルスルと2キロ落ちた。そこからとんでもなくドカ食いをしない限りいくら食べても太らなくなった。そして最近食欲が落ちてちょっと痩せたのは事実だ。

 

しかし、それよりも女医の変化も見逃さなかったぞ、わたしは。体型は変わらないが、髪の毛に白髪が増えて五歳は老けて見えた(思いっきり失礼ですね)きっと私もそう思われたに違いない。

 

最近の体調の悪さを話し、とりあえず薬の処方をしてもらった。とにかく薬が欲しかったの。なんだか薬さえあれば安心するから。安定剤と漢方薬と頓服で飲む薬。ギリギリまで薬は飲まないようにしている。癖になるのも怖いし。

 

先生に最近の体調を話し薬を貰ったことで、ココロの中は意外にスッキリした。

 

今日は一日録画したドラマを観た。まだ観れてないのがたくさんある。書きたいこともたくさん。またゆっくりと更新します。

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。 ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓


にほんブログ村


にほんブログ村

広告を非表示にする

”今”を楽しめない人、それはわたし

1週間ぶりの更新になりました。

 

季節の変わり目に体調が不安定になりやすいのですが(特に春)、梅雨時期から梅雨明けにかけても良くないんだなと実感しています・・・

 

毎年同じ卓上カレンダーを日記がわりにつけている。毎年5月6月7月あたりに、よく病院に行ってるのが分かった。

 

去年は、起きがけに手の指が浮腫み痛みがあり整形外科で検査してもらっている。一昨年は整体に通い、三年前は鍼灸に通っていた。

 

どれも時間の経過とともに落ち着いたり、良くなったり悪くなったり。整体や鍼は自分には合わないことが分かったし。自律神経てほんとに難しい症状なんだなと思う。

 

今年は、今までにないくらい悪い。ここに引っ越してきてからすごく悪くなって以来の体調かも。リンパマッサージを始めてから嘘みたいに肩こりもからだのこわばりも消えて、安定剤も漢方も飲まない毎日に戻っていたのに。

 

また耳が詰まっている。耳鳴りもある。不安感はそんなに無いが、とにかく眠れない。いまは前にもらって残っている安定剤を飲んで寝つきはいい、でも夜中起きてからもう眠れない……

 

なぜこんなに悪くなったのか、理由は分かっている。

 

すべては自分の性格なんだよな〜〜。

 

とにかくやらなければいけないことを、真面目に毎日完璧にやろうとする。でも元来のずぼらさもあって毎日出来ない。出来ない自分を自分で責める、落ち込む。明日こそちゃんとやろう。やらなければ幸せになれない、と思い込む。脅迫観念が強いの。

 

毎日緊張でからだから力が抜けない。寝ていてもからだに力が入っているから、起きた瞬間から肩と首が痛い。それでも自分で自分を追い込む癖が抜けないの。

 

 

今回、旦那の単身先に2泊で行ってきた。体調最悪だったけど、頑張って行ってきた。そこで旦那と話していて気づいたことがあった。

 

旦那はなんでも「楽しんでやる」ことの出来る人なのだ。単身で新しい部署に行き、最初はアウェイの中で馴染むのも大変だったろう。仕事でもいろいろあったと思う。慣れない家事も大変だろうし。

 

でも旦那から”愚痴”を聞いたことが無い。思えば結婚してから、この人の愚痴をほとんど聞いたことないかも。まあ上司や同僚の悪口や仕事のこともいろいろ話す人だけど、こっちが不快になるような感じではない。

 

『出来ないことは出来ないし。ましてや楽しんでやらないと続かないよ。』とよく言われる。

 

 

逆にわたしは、”今”を楽しめない。

 

 

いつも遠い未来に理想の自分がいる、と思っている。いま頑張れば今と違う自分になれると思っている。だから今はしんどくてもいつかは楽になれる、幸せになれる。その理想の自分に会うには、今楽しちゃいけない、みたいな考えがあるんだよね。

 

 

あああ、間違っているぞ、自分。

 

 

口では、自分が楽しくないと、と言っておきながら、一番楽しんでないのはこの私。

 

どうしたら、”いま”を楽しめるのか。

 

ちょっと考えます(๑・̑◡・̑๑)

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓


にほんブログ村


にほんブログ村

梅雨明けと夏バテ

今年の暑さには参る、

ほんとに参っている。

 

 

暑さより寒さの方が苦手だったのだけど、弱っている体にこの暑さはかなりこたえる。

 

 

日中はひとりだし、エアコンつけるのも気が引けて、扇風機回しながらウダウダとしている。

 

 

食欲もわかず、ご飯作る気にもならず。

 

 

何年ぶりかだな、こんなシンドイのは。

 

広告を非表示にする

ワイドナショー、「飽きる」ことから始まる

視聴者からの質問で、

 

全英テニスで敗北した選手が、「テニスに飽きた」と言ってニュースになっていました。自分の職業に対して”飽きる”という発言、どう思いますか?

 

 

この選手はオーストラリアの選手で、試合の後、

『気持ちの面で試合する状態になかった。正直に言うとテニスに飽きていた』と発言。試合中も中断したり、と問題行動もあり、協会から重いペナルティーを課せられた、とか。

 

 

この選手の発言は、試合に負けたことに対しての負け惜しみなのかな、と思ったけど。

 

 

自分の仕事に飽きる瞬間はありましたか?との質問に、

 

松本『飽きてからが本番だ、みたいなとこないですか………楽しんでるうちは、まだまだだ、みたいな』

 


東野『マンネリ番組をどうするか?てありますね』


松本『うん、マンネリは絶対くるから、このマンネリをどう楽しむか、さあこっからや、みたいな、飽きてからが金になるぜ、ていう』

 


飽きは必ずくるから、飽きてからどうするかがプロなのかな

 

 

なかなか、名言ですね。

 

 

はっきり言って、飽き性のわたし。何かを始める時も、絶対にものになるまで頑張る!とか始めるんだけども。高い志はいずこへ、習得するまでに飽きてしまう、という。

 

 

”飽きた”と、いうのは体のいい言い訳で、自分の思っている理想には追いつけない、もうそれ以上、上に行けないのが分かるから、やめる言い訳に、「飽きた」を使うのかも。

 


泉谷しげるさんも、自分の歌である『春夏秋冬』について聞かれると、

 

『しょっちゅう飽きてますよ』笑

 

泉谷『飽きたんだよ、でも飽きてからなんだよ、
嫌々やってるときなんだよ、力が発揮できるのは。嫌々やってる時ってだいたい変な力が入ってないんだよね、だから本気で出来るわけ。
盛り上がってる時って力が入ってるから。
もういいや〜〜っていう時にほんとの力が出る』

 


松本『夫婦もそうでしょ、○ックスレスになってからでしょ、ほんとの夫婦は・・・』

 

 

 

ううむ、深いかも、です。

飽きてからが”人生”なのかも、な〜〜。

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。 ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓


にほんブログ村


にほんブログ村

 

「銀魂」観てきました、また追記しました

 

 

 

ネタバレあります。

 

 

 

 

なんちゅうか、

 

 

観終わった後、「あ〜〜面白かった〜〜‼︎、も一回観よ」とは、ならない映画でした。

 

全体的にあまりにも原作に忠実すぎて。それはそれでいいにはいいんだけど。おそらく原作銀魂のファンのイメージを崩さないように気使ったんだろうけど、気使いすぎて、俳優さん達のセリフがやたら漫画の”セリフ口調”になっていてね。

 

銀さん登場のファミレスのシーン。もちっとカッコよく出来んかったかね〜。『ぎゃーぎゃーぎゃーぎゃーやかましいんだよ、発情期ですかコノヤロー』このセリフの大事さよ。

 

神楽なんか、橋本環奈のビジュアルはすご〜〜く神楽そのもので良かったんだけど、セリフがどうも生きてこない。技量の問題もあるけど、夜兎族の星の人で、『〜〜あるよ』が語尾に付くのも漫画では自然なことでも、実写ではなんか耳についたな。あくまでも可愛さでカバー。

 

来島また子の菜々緒もビジュアルはいいのよ!でも、高杉への”愛”が感じれず。

 

 

あと、真選組のセミ捕り話は必要?だったら土方と銀さんが出会う屋根瓦の斬り合いのシーンのが良かったな〜〜。

 

 

銀魂の”おふざけ”と”シリアス”のバランスが上手く取れてないように感じた。死んだ目でやる気のない銀ちゃんから、やるときゃやる!の銀ちゃんに変わるメリハリが感じなくてね。銀さんのグッとくるセリフ、もっとあったはず。

 

映画館の中が失笑になったり、狙ったボケで、館内に全く笑いが起きなかったりとかあったよ。まあ面白いっちゃあ面白かったんだけどね、どないやねん?    もうちょっと銀さんのカッコ良さを出して欲しかったかな。

 

 

 

わたし的には、新八がいちばん良かったな〜〜。見事に菅田将暉は中にいなかった!志村新八そのものだった。ツッコミもヘタレも優しさもシスコンも、全部あの中に感じれたな。

 

まあ銀魂の世界を2時間に凝縮すること自体難しかったと思う。←まあそれが漫画の実写の難しさなんだけど。

 

エリザベスの声、山田孝之だったんだね。

 

定春に至っては、CG?

 

しかし、なんだかんだいっても、銀魂の世界観が実写で見れたことには感動しているかな。銀さんの住んでいる歌舞伎町とか、万事屋のセットとか、スクーターとか・・上手く出来ていたよ、このセット実際見たい!

 

京都太秦映画村で、銀魂特集やってるんだった。行きたい。

 

パンフレットはカッコよかったから買っちまいました(820円だった!)じっくり読んでみます。

 

 

tanosiine.hatenadiary.com

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。気に入って頂けたらクリックお願いします。更新の励みになります。↓

 


にほんブログ村


にほんブログ村